ホーム | 連載 | 2014年 | 県連ふるさと巡り=開拓古戦場に思い馳せる=パライバ平野と聖北海岸 | 県連ふるさと巡り=開拓古戦場に思い馳せる=パライバ平野と聖北海岸=(1)=タウバテ=突風で壊された会館直し=創立70周年目指し躍動

県連ふるさと巡り=開拓古戦場に思い馳せる=パライバ平野と聖北海岸=(1)=タウバテ=突風で壊された会館直し=創立70周年目指し躍動

ニッケイ新聞 2014年3月27日
5月に103歳の斉木操さん

5月に103歳の斉木操さん

第41回県連「移民ふるさと巡り」の参加者122人(ガイドや運転手合わせ計129人)は14日午前9時に東洋街のリベルダーデ広場を出発し、4日間、リオとの間にあるパライバ平野と聖北海岸部の4日系団体と交流して回った。笠戸丸以前の安田良一や東山のピンダ農場、戦前から名を馳せた鐘ケ江農場、ノロエステ線などの奥地から戦後に多くが移動してきた経緯を含め、同地の歴史を振り返ってみた。(深沢正雪記者)

5月に103歳を迎えるタウバテ在住の斉木操さん(広島県)は「大好物はお肉ですね」とはきはきと受け答えをし、同じテーブルに居合わせたふるさと巡り一行を驚かせた。16歳で渡伯してノロエステ線リンスに入植し、なんと在伯86年だ。長寿の秘訣は「なんでも食べる」こと。マリリアを経てタウバテには1955年に入植した。

タウバテ日伯文化協会の漆畑哲雄オスカル会長

タウバテ日伯文化協会の漆畑哲雄オスカル会長

最初の訪問地タウバテ日伯文化協会(漆畑哲雄オスカル会長)で14日、婦人部らの尽力で、昼食会に加えて夕食会も行われ、そんな交流の一コマが展開された。同地文協会長職が3期目となる漆畑さん(62、二世)は、日本国外務省研修生OB会の会長も兼務する。

同文協50周誌『盆栽』(1997年、11頁)によれば「Sociedade Agigos de Taubate」として勝ち負け抗争のまっ最中、1947年に同会は創立している。「終戦直後、日本に救援物資を送るために30人集まったのが、日本人会発足のキッカケ。日本文化や日本精神を伝えるために活動を続けてきている」と漆畑さんは胸を張る。

1954年に文協は正式登録し、タウバテのセントロに会館を作った。漆畑さんの父五郎さんは1939年、19歳で静岡県から構成家族で渡伯し、1952年にタウバテ市内でバザールを始め、セントロの会館で柔道を20年近く教えたという。哲雄さんは法科や建築など六つも大学を卒業し、タウバテ市議、同市企画経済局長、サンパウロ州税務局の監督官を長年務めて定年退職した。

1954年にセントロの会館を作ったが手狭になり、1978年に小田二三男さんに現在の土地を寄付してもらい、81年から会館建設を始めた。漆畑さんは「ところが突風が吹いて屋根が飛ばされたりする不運を乗り越え、1997年の創立50周年に和田トシヒサさんらの寄付や活動の収益をつぎ込んで落成式を迎えた。この建物自体が、諸先輩の努力と汗、会員の強い絆の賜」と苦難の歴史を振り返った。

日本語学校も生徒数50人を数え、漆畑会長は「半数は非日系の時代になった」という。その他、和太鼓、書道、そろばん、コンピューター、手芸、カラオケなどの教室、ゲートボールやバレーの運動もやっている。2012年10月には創立65周年を記念して慰霊法要や記念式典を祝った。「次は2017年の70周年です」と漆畑さんは表情をキリっと引き締めた。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月24日 サンパウロ市=百周年式典、盛大に挙行=6世優太君「友情の灯」点火=皇太子さまもじっくりご覧に ニッケイ新聞 2008年6月24日付け  多くの人の心配を見事に裏切り、二十一日午後四時半からサンパウロ市のサンボードロモ会場で、この百年間を象徴するようなダイナミックな百周年記念式典が執り行われた。あいにくの雨模様だったが、会場には約三万人が詰めかけ、日伯友好にとって歴 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 《ブラジル》野村市議「先人の遺産『誠実さ』体現」=パウリスタ・スポーツ賞贈呈式=19種目、23氏が受賞2017年4月20日 《ブラジル》野村市議「先人の遺産『誠実さ』体現」=パウリスタ・スポーツ賞贈呈式=19種目、23氏が受賞  ニッケイ新聞が主催する『第61回パウリスタ・スポーツ賞』贈呈式が18日午後7時より、サンパウロ市議会貴賓室で行われ、全19種目と特別賞4人を含む23氏に授与された。式典には受賞者の親族や友人ら400人近くが駆けつけ、盛大に執り行われた。終戦後、勝ち負け抗争で二分化されたコ […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]