ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2014年3月29日

 震災から3年、人々の震災に対する関心が薄れている。全国社会福祉協議会によると岩手、福島、宮城へのボランティア人数は、2011年5月、約18万人だったのに対し、今年2月は約4500人と40分の1に減少していると聞く。

 一方、地球の反対側のサンパウロ市で23日に行われた『東日本大震災復興バザー』は今年で4回目の開催となる。主催した「ブラジルを知る会」清水裕美代表は「震災のことを忘れたくないと思うから続けられる」と継続の秘訣を話す。同バザー収益は被災者支援の寄付金に充てることを目的としているが、年月を経るごとに記憶の風化を防ぐ役割としても重要になっていくだろう。

 バザーには掘り出し物が多く、取材後ついつい買いに熱中してしまった。被災者の為にも、私のように買い物に来た人に震災を思い出させる為にも、すえ長く続いてほしい。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2014年3月14日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年3月14日  「元通りにすれば良いわけではない」。東日本大震災で被災した関係者は復興の難しさをこう表現する。県内外に避難して時間が経ち、帰郷を強く望む住民が減ったとの報を耳にすると、復興の困難さを実感する。  被災県が「本格復興推進年」と位置づけた本年 […]
  • オーリャ!2016年5月10日 オーリャ!  製造業に従事している熊本の友人から「こちらの企業も仕事を再開しはじめた」という連絡をもらった。余震が少なくなってきて、県内のパナソニック工場などが操業を始めた。一時は18万人を超えた避難所の人数も2万人以下に減った。 今後、復興が進んでいるというニュースが増えるだろうが、「熊 […]
  • コラム オーリャ!2013年3月12日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年3月12日  東日本大震災被災者を含む高校生平和大使4人が、市内のタカシ・モリタ学校を8日に訪れた。とある生徒は、講演前に流された津波が町をのみこんでいく映像を指し、「これはもう見る必要がないと思う」と語った。 […]
  • 今週末の催し2014年3月20日 今週末の催し ニッケイ新聞 2014年3月20日 土曜日(22日)  ブラジル日本会議・定期総会、午前11時(第二次召集)、日本語センター(Rua Manoel de Paiva, 45, Vila Mariana) 日曜日(23日) 文協文化祭り、午前9時、同文協(Rua Sao […]
  • 4回目の震災復興バザー=ブラジルを知る会が23日2014年3月15日 4回目の震災復興バザー=ブラジルを知る会が23日 ニッケイ新聞 2014年3月15日  ブラジルを知る会(清水裕美代表)は23日午前9時から、三和学院(Rua Teixeira da Silva, 539, […]