ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月1日

ベネズエラの著名人達が政府の言論統制などに抗議するために撮った写真を3月28日に見て、思わず息を呑んだ。ネットに上がった写真はほんの一部だが、09年のミスベネズエラで同年のミスユニバースになったステファニア・フェルナンデスさんは、冠を被り、両眼から血の涙を流し、血塗られた麻縄で猿ぐつわをかまされた姿で写真に納まった▼ステファニアさんは祈るが如く両手を組み、その手にも血が流れるという構成だったが、現在投獄中のレオポルド・ロペスさんの写真は怒りに燃えた眼差しで猿ぐつわをかみしめ、大きな刃物で首に巻きついた麻縄を断ち切ろうとしている。ネットに上がった写真は皆、顔も体も血のりや煤で汚し、麻縄を体や首に巻きつけて、政府への反論など、自由な言論を封じ込めようとするマドゥーロ政権への強い抗議を表している▼2月に始まった政府デモなどでの死者は36人に上り、ベ国では報道関係者への圧力や暴行が頻発しているとの報などを読むにつけ、これでは軍政下の頃とどれだけ違うのかと考え込んでしまう▼一方、ブラジルは3月31日に軍政開始50周年を迎えたが、民主主義が望ましいという人が62%いる一方、現状に満足しているは9%、やや満足が59%で、満足していないが28%という数字もある▼民政復帰から30年近くたっても、汚職や政治家には懲罰が及び難い事など、何かにつけ民主主義が成熟していないと感じる事もなくはないブラジル。原因は色々だろうが、勝ち取ってきた民主主義という意識を余り感じないのも気がかりだ。昨年からのブラジルや現在のベ国の抗議行動が民主主義の成熟と安定に繋がる事を願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか2019年1月29日 樹海拡大版=マドゥーロ独裁政権の裏幕は軍幹部とキューバか 親米勢力VS反米勢力  「一つの国に二人の大統領」――ベネズエラは異常事態に陥っている。  しかも、『グアイド暫定大統領側』(国民議会議長)には米国を盟主とする汎米諸国(ブラジルなどリマグループ)や英仏独などのEU主要諸国、『マドゥーロ大統領』の側にはロシア、中 […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表するサンパウロ州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど […]