ホーム | 食・音楽 | 音楽 | 歌手青木カナさん=音楽通して日伯つなぐ=20周年記念ライブ開く

歌手青木カナさん=音楽通して日伯つなぐ=20周年記念ライブ開く

ニッケイ新聞 2014年4月2日

舞台で熱唱する青木さん

舞台で熱唱する青木さん

来年1月にブラジルでの音楽活動20周年を迎える青木カナさんが、先月26日にサンパウロ市ベラビスタ区のライブハウスでライブを行った。老若男女約100人が来場し、明るい歌声とユーモアあるトークを楽しんだ。
1995年に渡伯し、サンパウロ州立音楽大学の声楽科に入学。苦学の学生時代を経て、99年に同州アヴァレー市の作曲家コンテストで初出場にして優勝し、2011年に自主制作した初のアルバム「バイバイ・ジャポン」でタトゥイー音楽祭の喝采賞を受賞した。現在は若手音楽家の育成や日伯交流を目指した「即興ライブ」を開くなど、サンパウロ市を中心に活動している。
「色々な出会いを通し、自分の音楽の良い点、悪い点を反省出来た。出会いに勝るものはない」と20年を振り返り、「これからはポ語の作詞や方向性の違う音楽にも挑戦したい。他国でも音楽を通した文化交流を図りたい」と抱負を語った。
今回のショーでは、音楽家ゼッカ・バレイロとの共作曲「O Amor Viajou」や「Depois de amanha」「ドキドキ」などアルバム「エン・オブラス」の収録曲を中心に日ポ両語で熱唱。
演奏は、青木さんのバンドメンバーとサクソフォングループ「クァルテット・サクソフォナンド」の総勢7人が担当、20歳前後という若さながらも迫力の生演奏を繰り広げた。音楽を学ぶため一時滞在中の若手ギター奏者、金田ショージさんも友情出演。日伯両国民が一体となって手拍子したり、一緒に歌ったりとライブを楽しんだ。
友人と訪れた久保ルシオさん(54、二世)は「生演奏はいいね。ブラジル人が一緒に活動しているのも、とても良いこと」と陽気に語った。
渡伯当時から青木さんを知る鈴木寿(77、東京)、貞子(69、二世)夫妻は最前列で演奏を鑑賞し、「音楽の分野でこれだけ長く続けている人は珍しい」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • リベルダーデ友好会=池田中将を囲んで忘年会2017年12月21日 リベルダーデ友好会=池田中将を囲んで忘年会  リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)とわんわん会(同会長)は、伯陸軍の池田隆蔵中将を迎え、18日、サンパウロ市のニッケイパラセホテルで忘年会を開催した。  今年9月に中将に昇格し、リオ州のカシアス公爵宮殿の陸軍文化教育局にて任務にあたる池田中将。伯陸軍南東部で行われた […]
  • 東西南北2014年3月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月19日  17日朝、サンパウロ市の5地下鉄のうち四つで故障が発生し、多くの利用者に被害が出た。まず7時15分にリベルダーデ駅の1号線のジャバクアラ方向で故障が発生し38分間も停止。続いて7時59分にはパトリアルカ駅で3号線の電車が故障を起こし、さら […]
  • 東西南北2014年3月7日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月7日  今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの結果発表は5日の午後4時から行われ、ウニードス・ダ・チジュッカが2年ぶり4度目の優勝を飾った。採点状況はきわめて大接戦で、チジュッカがサルゲイロと抜きつ抜かれつの大接戦を演じた。後ろか […]
  • カーニバル=今年のリオのパレードは=例年以上に欠点が目立つ=優勝争いは大混戦の様相2014年3月6日 カーニバル=今年のリオのパレードは=例年以上に欠点が目立つ=優勝争いは大混戦の様相 ニッケイ新聞 2014年3月6日 2、3日にリオ市サプカイのサンボードロモでスペシャル・グループのパレードが行なわれたが、3~5日付伯字紙の批評は例年以上に厳しいものが目立っている。 初日となった2日のパレードで高評価を受けたのはマンゲイラ、サルゲイロ、ベイジャ・フロールだっ […]