ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月2日

聖南西連盟の会合には連邦下議の安部順二氏も訪れ、「若者を始めコロニア全体がもっと政治に関心を持ってほしい」と、日系社会との関係強化を図り、労働環境の整備や学校教育の充実などを訴えた。「市民の責任」と題した政治セミナーを開催することが決まり、第2回定期役員会(6月21日、エンブー)を行った後、午後からヴァルゼン・グランデ・パウリスタ文協で開催する見込みとなった。ブラジルを良くしようという意識を子や孫に強めてもらうために、参加を薦めてみては?

 トヨタ自動車が社会貢献活動の一貫で日本に暮すブラジル人の16歳~25歳の若者を対象とし、ポ語での自動車整備技術習得コース(愛知県清須市)を99年から開講している。これまでに14期281人の卒業生を送り出し、その多くが帰伯し、当地の自動車産業分野で活躍しているとか。今年も20人の枠があり、5月31日が応募締め切りだ。長年の取組みが評価される一方、巨大企業でありながら、毎年20人という枠の小ささを問う声も…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 大耳小耳2015年4月14日 大耳小耳  駐日ブラジル大使館が主催する写真展『ボサノヴァのルーツ 50―60年代のリオの生活』が、東京・渋谷の東急文化村で開催されている。文化的な沸点状態だった当時のリオ、そのボサノヴァ黎明期を、遠い日本の地から目で見て感じることができる内容だとか。日本でも根強いファンは多いはず。 […]
  • 大耳小耳2016年6月10日 大耳小耳  昨日、本面ではトヨタ自動車がハイブリッド技術普及により持続可能な社会の実現へ向けて自動車産業をリードする様子を伝えた。実は本業の自動車製造のほかに、ブラジルトヨタ財団を09年に設立して、環境保全など幅広くCSR活動を展開している。例えば、パンタナルに生息し、90年代には絶滅危 […]
  • 大耳小耳2015年1月22日 大耳小耳  薗浦健太郎・外務大臣政務官は、ジャパンハウス設立の現地調査を当地で行なったその足で、パリへ向かった。今月7日にフランスで起きた週刊紙襲撃事件に関し、現地で関係者とテロ対策に向けた協議を行なうとか。「現場を訪れ、献花などできれば」との希望も。一昨日はイスラム国で日本人殺害予 […]
  • 大耳小耳2015年1月30日 大耳小耳  サンパウロ市総領事公邸で開かれた和食イベントには、脱皮したての柔らかいカニ(ソフトシェルクラブ)のから揚げなど珍しい一品も。小池信シェフは「10年前、ブラジルで日本食と言えば寿司・刺身、シメジ、椎茸、餃子だけという感じだったが、料理人の『日本文化を見せたい』という意欲でこ […]