ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月26日

 日本初上陸のブラジルファッションを扱う「OMI DO BRASIL(オーミドブラジル)」の2号店が3月、東京都代官山にオープンする。創業96年の歴史を誇る繊維の総合メーカー「オーミケンシ」が運営しており、1号店は2010年に開店した。露出も色も控え目なファッションが主流の日本だが、明るく陽気な南国色が彩るブラジルファッションに魅せられる女性は意外と多いようで、「幅広い年齢層の女性から支持を集め、業績も好調」とか。

     ◎

 沖縄県人会カンポ・グランデ支部の志良堂ニウトン会長が大事にしているのは「家系図」だ。会長は11代目にあたり、約300年前まで遡れるという。「先祖は鹿児島から沖縄に来たらしい。でも初代は漢字だけだった。もしかして中国から来たのかな」と笑う。そして9代目にあたる祖父母はブラジルへ。今後、子孫がどこへ行こうともこの家系図は引き継いでいってほしいものだ。

     ◎

 昼夜が逆転している日伯間を旅する人にとって悩みの種の一つに時差があるだろう。オランダの企業が、そんな時差の解消を助ける「FlyFit(フライフィット)」という飲料を開発したとか。エスタード紙の記事によれば、栄養バランスのよい食事を摂ることで、血流を促し、肌などの乾燥を防ぐこと等が時差の解消を手伝ってくれるのだとか。魔法のような飲料のようだが、効果はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 大耳小耳2014年3月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月18日  先週、創立30周年を祝ったサンパウロ大学生援護連盟(ABEUNI)。貧困地域での医療活動のほか、フェスタ・ジュニーナやアベウニ祭りなど、様々な慈善イベントを開催している。また「Educando o […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月6日  昨日公館長表彰を受けたドウラードス日本語モデル校の校長・城田志津子さんは、「天候に左右される農作物に一喜一憂しつつ、明日を信じて子どもと遊んできた。農業で節くれだった手が誇り」と農業者らしく挨拶。また、両親がデカセギに行った生徒が夕日を眺め […]
  • 大耳小耳2014年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月13日  日本のファッション普及を目指し、先月設立した「J―ファッション・ブラジル協会」(7日付本面詳報)。9日午後、佐藤クリスチアーネ会長が初の講演会を開いたところ、予想を上回る80人の出席で会場の三重県人会会議室が超満員に。「参加できなかった人 […]