ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月3日

 領土や歴史問題を巡り、日本と周辺諸国、在日外国人の間で不協和音が高まっている。先月末に本紙で紹介した川目武彦弁護士はそうした状況を危惧し、昨年、群馬県大泉町にポ語通訳を置いた法律事務所を開設した。様々なサービスから疎外されがちな在日外国人に「社会に溶け込んでもらいたい」との思いが根底にはある▼ブラジル人の訪日就労が始まって約30年、その高齢化すら問題視される時代になった。にも関わらず、今も日本政府は少子高齢化対策として「移民導入の検討」を掲げ、肝心の受入れ体制は一向に整っていない印象だ▼本来は政府が果たすべき役割を、現実では川目さんのような民間の有志が補完しているようだ。しかも「ある程度の経験と若さがある今だからやれる。赤字の覚悟で踏み込むと決めた」というから頭が下がる▼一方、積年の問題である不就学児童に関しては、静岡が今年から浜松市をモデルとして不就学ゼロを目指すと発表した(27付の中日新聞)。同市は住民基本台帳と学校の在籍情報を連動させて不就学者をあぶりだし、3年かけて全戸訪問しながら不就学をゼロにしたとか。この前進に、同様の問題を抱える自治体は鼓舞されたに違いない▼新興国から日本のような言語や文化の独自性が高い国への移住は、水を低所から高所へ流すようなもので、水をくみ上げる力、つまり強力な支援が必要だ。同記事掲載後、幸い川目さんの下には当地からの協力の申し出が何件かあったという。赤字リスクを犯してポ語法律相談の草分けとなった同氏の取り組みを、個人の頑張りで終わらせるのではなく、一つのモデルとして全国に広めてほしい。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)2017年6月6日 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)  「35歳でオバアチャンっていうのが、あちこちにいるんだよ」――日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長が先月末に来社した折り、日本のデカセギ事情を聞いている最中に、そう言われて頭を抱えた。つまり、17歳ぐらいで出産を二世代に渡って繰り返している▼将来のことを深く考えずに […]
  • 『ふろんていら』50号に思うこと2016年11月15日 『ふろんていら』50号に思うこと  サンパウロ州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一 […]
  • 工場労働の様子2015年5月6日 日本社会の下層で循環しはじめる外国人労働者の生涯  95年頃に群馬県大泉町で知り合った日系三世の知人Aの消息を久々に知った。当時小学生だった彼は二十歳過ぎに日本人女性Jと結婚し、その子供2人は日本生まれで日本国籍。何もなければ「普通の日本人」の様に育っていた可能性もあった▼ところが金融危機の直後、Aが仕事をクビ […]