ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月4日

 コロニアの政治的な立ち位置は常に保守が多い。例えば自民党支持で愛読誌は『文藝春秋』、当地日系政治家も保守政党が多いという具合だ▼50年前に軍政が始まった時、邦字紙は反政府活動家を「テロリスト」と書いた。軍政支持でなければ廃刊させられるのだから仕方なかった。そんなコロニアの雰囲気ゆえに、家族から活動家が出るのは恥ずべきことで、隠そうとする傾向が強かった▼武装反政府組織ALN活動家だった三宅ダルシさんを取材すると「反政府の日系活動家は約40人いた」と証言した。コラム子が名刺を渡した時、「私が捕まった時、邦字紙には顔写真付きで『テロリスト』と報じたられたわ」と恨めしげな表情を浮かべたのを見てギクッとした▼そんな時代に勇気のある紙面を作った二世がいた。日毎紙のポ語編集長木村ウィリアンらが79年4月に創刊したポ語週刊新聞『パージナ・ウン』(PU)で、当時タブー視されていたアラグアイア事件で軍に殺されたゲリラ「カナヤマ・ユミコ」を第7号で特集した▼PU記者だった大井セリアさんから「当時は一般紙でもあの事件の記事を出すところはなかった。ましてコロニアは軍政の問題には触れたがらなかった」と聞いた▼中林敏彦日毎社長は赤字経営の中で6年間もPUを続け、奇しくも民政移管する直前の84年11月まで持ちこたえた。日語紙面では反政府活動を批判しつつも、本心ではそれに理解があったのか▼中林社長の息子純さんしかり、一百野勇吉編集長の娘も学生運動に身を投じたのは興味深い事実だ。軍政開始50年は、彼らを再評価し、勇気ある行動だったと見直す良い機会だろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]
  • みんな、昔は子供だった2020年1月17日 みんな、昔は子供だった  10、14日付ブラジル国内ニュースサイトに、マラニョン州内陸部の町の子供達の事を扱った記事が出た▼10日の記事は、プレジデンテ・ドゥットラという人口4万7千人の町の道路でサッカーをやっていた子供達が、隣人の家に飛び込んだボールを取り上げられ、どうやったら返してもらえるかを相談 […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]