ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月5日

農拓協の総会で発表された、前年度の事業報告は8件。JATAKに関する会議、日立や富士通との農業会議、UCCのコーヒー農園視察などで、日本企業との連携にも貢献したよう。日系農協の連絡網的な役割を持つ協会だけに、岡本新会長には進出企業と日系農協を結ぶような活動に期待。

みなさん「植物系」という言葉をご存知ですか? 積極的に異性に近づく「肉食系」とか、恋愛に疎く積極性のない「草食系」など、人の性格を種類分けした言葉は知っていたが〃新種〃らしい。立っているだけで動かず、恋愛にこだわりがなく、受身で簡単になびくのが特徴だそう。主体性がないということだと思うが、ずいぶんと肯定的な命名。しかし、この言葉を発したのが二世の女性で、「それは草食系の間違いじゃない?」と指摘したのだが、本当に使われていた。言葉の移り変わりの速さ同様、二世女性の知識にも驚いた。それとも記者の勉強不足?

県連総会に先立って行われた3月度代表者会議で「留学生・研修生実態調査アンケートの回答が、全県人会から集まりました」と同調査委員長本橋幹久氏(鳥取)が安堵の表情を見せた。その一方で、県連報告書の作成委員長を務める川合昭氏(秋田)は「先月にも呼びかけた県人会事業報告書の原稿を提出していない県がまだある」と落胆気味に報告。先月末で提出は締め切られ、未提出の県人会は去年と同じものが掲載されることに。担当者は「半ページに写真1枚と300文字程度の事業報告を書くだけなのに」とポツリ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ2015年9月29日 コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ  編纂中のコチア青年移住60周年記念誌に対し、安倍晋三内閣総理大臣、岸田文雄 外務大臣、林芳正農林水産大臣から祝辞が寄せられた。60周年記念特集に際して、コチア青年の存在がいかに広く認識され、祝われているかを示す証左としてこれを掲載する。未来へ継承される不屈の精神―共に歩む―安 […]
  • ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選2015年9月19日 ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選 【この九月四日世を去った西谷南風遺句集より】 仔馬追ふ母馬の眼の人に似る 時雨るるやキリストの本売ル人に 百雷の轟く滝の夕燕 吹き荒れて谷に落ちたる野分かな 火焔樹の下に人待つ恋乙女 鍬百姓四十年や豆の花 […]