ホーム | コラム | 樹海 | 他人事でないウクライナ

他人事でないウクライナ

ニッケイ新聞 2014年4月8日

応用経済調査院(Ipea)が4日、3月27日に発表した調査結果に間違いがあったと発表した。問題になったのは、「肌を露出するような服を着る女性はレイプされても当然か」という質問を含む2組四つの問いへの回答だ。先の質問は65%が賛成と発表され、社会的な反発も招いていたが、賛成26%と訂正された▼統計調査の回答集計では、どの番号の質問への答えかを間違えるととんでもない事になるが、Ipeaは連邦政府の政策決定にも関わる調査機関だ。それだけに、この様なミスの影響は大きく、院長の首のすげ替えにも繋がった▼もちろん、ミニスカートや体にぴったり張り付くような服を着ていればレイプされても当然という項目に26%が賛同した事は決して軽い事ではないし、最初の発表後、約2万人の女性が紙や腕で上半身を隠した状態のトップレスの写真をインターネットに掲載、「私はレイプされても当然ではない」と抗議した事も無視出来ない▼被害者が挑発したり隙を見せたりした事がレイプの原因との言い訳を許すような言い分は、相手の痛みを理解する事や自分を制する事が出来ない男性の行動を正当化しかねないとも思う▼だが、今回の件で最も痛感したのは公的機関の報道や発表の持つ影響力だ。もしこれが片田舎のタブロイド紙に載り、ネットでも注目されなければ、これ程の反応はなかっただろう。だが、報道内容に責任を負うべき立場の人間にとり、Ipeaのミスと院長更迭は、襟を正される事件だ。ちなみに、65%というのは、「暴行を受けた女性が暴力を振るうのが好きな相手と一緒に居続ける事に反対」という人達の比率だったとか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]
  • みんな、昔は子供だった2020年1月17日 みんな、昔は子供だった  10、14日付ブラジル国内ニュースサイトに、マラニョン州内陸部の町の子供達の事を扱った記事が出た▼10日の記事は、プレジデンテ・ドゥットラという人口4万7千人の町の道路でサッカーをやっていた子供達が、隣人の家に飛び込んだボールを取り上げられ、どうやったら返してもらえるかを相談 […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]