ホーム | コラム | 樹海 | この世は予期せぬ事ばかり

この世は予期せぬ事ばかり

 最近は世の中がとみに慌しい。北朝鮮と米国の攻防、日本での解散、総選挙、ブラジルでのラヴァ・ジャット作戦や延長線上のJBSショックなど、数え出したらきりがない▼コラム子は大学卒業後に就職した会社で、営業本部経理課、新支店の総務課経理担当、ビジネスコンピューター部販売促進課の3部門を経験。総務課時代は皆が使う品を常備する方法を考え、販促課ではセミナーやイベントの準備なども手伝った。これらの部署は周囲の必要への即応が求められるため、必要な品を常に揃えている事は不可欠だった▼だが、現在のように次々に新しい事態が起きると、手持ちの知識が古くなり、間に合わなくなりもする。ブラジルのような朝令暮改の国で、政治の中枢にいる人物やかつていた人物も絡んだ汚職摘発などが繰り返されると、なおの事、情報の波に乗り遅れかねない▼だが、予期せぬ事が続くのは、政治や経済のように日常とは少し距離がある部分だけではない。夫を亡くして来月で8年になる知人が、脳卒中を起こして入院との知らせを受けたのもその一つだ。家の改築資金などを作るために出稼ぎにも行き、身を粉にして働いた知人が、言葉を発する事も出来ずに横たわっている姿を見るなど、誰が想像しただろう▼彼女は夫亡き後も、独身の妹や、妻を亡くして独り身の弟、障害を持つ娘らを支えてきた。だが、今度は、妹さん達の方が流動食の作り方などの指導を受けなければならない。必要が生じてから動いても間に合わない事は多いから、日頃の備えや先を読む努力は不可欠だ。もう少し落ち着いた生活をと望むのは贅沢かも知れないが、何が起きても慌てない生活は心がけたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]