ホーム | コラム | 樹海 | 蜜月期の終わったボウソナロに迫る罷免の危機?!

蜜月期の終わったボウソナロに迫る罷免の危機?!

昨年10月に恋愛、1月に結婚、5月に新婚期終了

米国ダラスで顕彰を受け、記者の質問に答えるボウソナロ大統領。このときブラジルでは大規模デモが起きていた(Marcos Correa/PR Dallas, Texas - EUA)

米国ダラスで顕彰を受け、記者の質問に答えるボウソナロ大統領。このときブラジルでは大規模デモが起きていた(Marcos Correa/PR Dallas, Texas – EUA)

 「ボウソナロと市場(メルカード)とのルア・デ・メウ(蜜月、新婚期)は終わった」―先週あちこちのメディアがそう書き立てた。連邦政府の教育予算削減に抗議するために、15日に全伯200以上の市で発生した久々の大型デモを受けてのものだ。
 であれば、昨年10月に始まったボウソナロと市場とのナモーラ(恋愛)は、1月の結婚を経て、5月に新婚期が早々に終わったことになる。さらに悪化すれば“離婚”にもなりかねない。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?2019年5月28日 なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?  ボウソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。  モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員に […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • 底をついたかブラジル経済=明るさが見える2020年=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2019年12月3日 底をついたかブラジル経済=明るさが見える2020年=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  何だかんだと言っているうちに12月に入りました。あちこちで「忘年会だ」「餅つきだ」という声が聞こえてくると、「ああこの年も終りか」という実感が湧いてきます。  2019年はどんな年だったのか、そして又、新しい年2020年はどんな年になるのか、誰もが気になるところではあります […]
  • 抗体検査キットで「救世主」を探せ!2020年4月7日 抗体検査キットで「救世主」を探せ!  先日、2017年1月14日放送「NHKスペシャル MEGA CRISIS […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]