ホーム | コラム | 樹海 | 英語力が問われない駐米大使などありえるのか?

英語力が問われない駐米大使などありえるのか?

エドゥアルド氏(中央)とボルソナロ大統領(Marcos Corrêa/PR)

 「ブラジル政界をにぎわす問題」というのは、ここ数カ月というもの、様々な方向で激化の様相を見せているが、こと、「国際的に見ていかがなものか」と思わせる問題が二つ。ひとつは、世界の政界の国際的な流れを完全無視し、顰蹙を買いながら押し進めるアマゾンの森林伐採。そしてもうひとつが、ボルソナロ大統領三男エドゥアルド氏の駐米大使の指名問題だ▼この件で、多くの政治家やマスコミは「大統領は権力を行使して縁故採用を行なおうとしている」と強く反対している。だが、コラム子には、その反対の仕方がまだ「真実をオブラートに隠した言い方」のようにしか聞こえない。この際、ハッキリ言った方が良いと思う。ずばり、エドゥアルド氏の英語力は、外交を行なうにはあまりに不十分なのだ

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ