ホーム | コラム | 樹海 | 英語力が問われない駐米大使などありえるのか?

英語力が問われない駐米大使などありえるのか?

エドゥアルド氏(中央)とボウソナロ大統領(Marcos Corrêa/PR)

 「ブラジル政界をにぎわす問題」というのは、ここ数カ月というもの、様々な方向で激化の様相を見せているが、こと、「国際的に見ていかがなものか」と思わせる問題が二つ。ひとつは、世界の政界の国際的な流れを完全無視し、顰蹙を買いながら押し進めるアマゾンの森林伐採。そしてもうひとつが、ボウソナロ大統領三男エドゥアルド氏の駐米大使の指名問題だ▼この件で、多くの政治家やマスコミは「大統領は権力を行使して縁故採用を行なおうとしている」と強く反対している。だが、コラム子には、その反対の仕方がまだ「真実をオブラートに隠した言い方」のようにしか聞こえない。この際、ハッキリ言った方が良いと思う。ずばり、エドゥアルド氏の英語力は、外交を行なうにはあまりに不十分なのだ

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」2020年3月3日 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」  ちょっと心を洗われるコラムを読んだので、紹介したい。生物学者フェルナンド・レイナッキ氏がエスタード紙2月22日付に書いた「(Mundo de oportunidade(機会ある世界) […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]