ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市は11日、同市南部サントアマーロの市営市場の運営権に関する入札を行ったが、応札企業がないまま、入札を終えた。この市営市場は1897年に操業を開始しており、100年以上の歴史をもつ由緒あるものだが、昨年の9月に火事で焼失した後、営業も止まっていた。今回の入札はこれを民営化するためのもので、落札金の下限を1150万レアルとし、25年契約で運営企業を求めていた。企業側は、価格設定の見直しを求め、入札延期を求めていた。歴史があり、有名でもあった市場だけに、何とか継続してほしいもの。この感じだと、復活するのはだいぶ先のことか。
     ◎
 サッカーのブラジル代表(セレソン)が11日に米国でエル・サルバドル代表を相手に親善試合を行い、5―0で快勝した。7日に行われた米国代表戦に続き、2022年のW杯に向けた新チッチ体制のセレソン2連勝となった。11日の試合では、初召集となった21歳のリシャルリソンがセンターフォワードとして先発出場。期待に応えて、セレソンとしての初の先発試合で2得点を決め、注目を集めた。セレソンは10月にも、次の親善試合2試合を行う予定だ。
     ◎
 11日、ブラジル映画アカデミーが、来年の米国アカデミー賞の外国語映画賞にブラジル代表として提出する作品に、「オ・グランデ・シルコ・ミスチコ」を選出した。サーカス一家の何十年にも及ぶ人生を描いた作品で、以前、シコ・ブアルキが音楽を担当して舞台劇になったことがある。ブラジルでの本作の一般公開は11月15日からだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月18日 東西南北  15日夜、リオ西部バーラ・デ・グアラチーバの雑貨店が強盗に襲われ、経営者の母親を助けようとしたマテウス・ドス・サントス・レッサさん(22)が射殺される事件が起きた。この日の午後7時30分頃、武装した強盗が店に押し入ってレジの金を盗み、さらに金を要求してようとして脅した。マテウ […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月12日 東西南北  11日、陸軍総司令官のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏の退任式とエジソン・レアル・プジョル氏への引継式が行われた。ボアス氏は、まだジウマ政権だった2015年に陸軍総司令官に就任。ジウマ氏の大統領罷免後も、テメル政権を経て、ボウソナロ政権成立に至るまでの激動期に陸軍総司令官を務 […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]