fbpx

樹海

 このところ立て続けに日本のテレビ局から、小紙の紙面を番組内で使用する許可を求める連絡があった。ブラジル人タレントを紹介するものであったり、ブラジルで意外な日本文化が流行っている話題であったり。軽いものではあるのだが、好ましく受け取っている▼いまだにそうだがブラジルというと、ラテンの明るいイメージの一方、ネガティブなものが相当多い。今年のブラジルW杯でも、メディアが危険であることを散々煽ったが、約8000人来伯した日本人サポーターで甚大な被害はなかったりする。まあ、そうした報道のお陰かも知れないが、イメージの一人歩きは10年以上住んで犯罪被害に遭ったことがないコラム子からすると、違和感を覚える▼そんななかで、若者向けの人気番組で日系社会ネタが扱われるのはなかなかに愉快だ。「日本語の新聞がブラジルにあるの?」と思う視聴者も少なからずいるような気がする。そうしたところから、「ブララジルってなんか色々あって面白そう」という雰囲気になればいい。一方、NHKが勝ち負けを扱ったドキュメンタリーを放映した。証言も多く、かなりシリアスな内容だった。敗戦70年を前に、新たな歴史を知った人も多いのでは▼来年は日伯外交樹立120周年。再来年はリオ五輪なので、メディアの露出も増え、この国のいろんな面が知られる機会になるだろう。来年着工、再来年に完成する予定のジャパンハウスは、ブラジル人に日本の正しい姿を伝える存在になってくれることだろう。これからの2年が、両国民の相互理解の大きな節目になることを祈りたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]
  • 今後の見通しを語る梅田大使2015年6月13日 梅田大使=「日系社会の協力不可欠」=皇室の来伯可能性に言及  梅田邦夫駐ブラジル日本国特命全権大使が5日来社し、日伯外交樹立120周年の関連行事や要人往来に関する見通しなどを語った。「まだ正式な段階ではないが、秋篠宮ご夫妻の10月末から11月にかけてのブラジルご訪問を調整しているところです。ジウマ大統領訪日も12月に実現するよう働き […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • W杯とリオ五輪の間で2014年11月19日 W杯とリオ五輪の間で  「来年のエメンダ・パルラメンタール(議員割り当て金)を貰うのはすごく難しいよ」。選挙後、日系議員の補佐官らは口をそろえて言う。理由を問うと、「サンパウロ州政府は雨不足の対策工事に費用がかさんでお金がない。連邦政府はW杯の開催費用の借金払いと、リオ五輪の建設費用が膨らんだ上 […]