ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月25日

 成功裏に終わった日本祭り。多くの県人会の役員から聞くのは「若い人が参加し盛り上がった」という声だ。その表情は笑顔であり、地方文協で聞く「年寄りばかりだから…」というため息まじりの表情とは対照的だ。子供は社会の未来というとおり、その行く先を案じてのことだろう。「コロニアに若者を呼び戻したい」というSOHOの飯島秀昭氏の思いで始まった「YOSAKOIソーラン大会」が今週末、初めてサンパウロ市を飛び出て、パラナ州マリンガ市で行われる▼12チームが参加した第1回大会のメイン会場は文協大講堂だったが、ガルボン・ブエノ街も舞台にした。ファンによれば、公道で行うのが本来で、迫力があるらしい。原点に立ち返り、去年第10回の節目を超え、新たなスタートと言える大会になりそうだ。マリンガ市民の度肝を抜いてほしい▼出場チームを見てみると、パラナ州内も多いが、モジ、サンカルロス、カンポグランデ、ビリグイなどからも訪れる。子供たちの遠征を支える親の支援、それに向けた準備を助ける地元コロニアの活動が活性化していることは間違いない。もしYOSAKOIがなければ、この参加者らは何に打ち込んでいたろうか。サンパウロで彼らを迎えてきた飯島氏は今回、何を思うだろう▼若者を惹きつける日本文化のもう一つに太鼓がある。地方のイベントなどで必ず若者が中心になってバチを振るう姿を見ることができる。その全伯大会「第10回ブラジル太鼓フェスティバル」が同28日、サンパウロ市の文協大講堂で行われる。コロニアの将来を担う若者の溢れる活気を感じる一日にしてほしい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!2017年7月11日 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!  「今年も日本祭り、お疲れさま!」――土曜午前10時過ぎ、サンパウロ市のジャパグアラ駅外の無料バス乗り場は、すでに30分待ち。会場の混み具合からしても、間違いなく例年以上の人出だ。その対応で、朝から晩まで働いた各県人会の婦人部や青年部始め、日系団体や企業の皆さん、県連役 […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」2016年7月12日 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」  「お疲れさま!」――県連日本祭りの裏方を務めたみなさんに、今年も心からそう言いたい。県連役員はもちろん、各県人会や婦人会、青年部、そして出展者、ボランティアのみなさんにだ。数千人が準備に関わり、1年がかりで積み重ねた打ち合わせ、会議、連絡の成果が、この3日間に花開いた▼同じ会 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を2016年10月21日 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を  移民110周年は地方日系団体にとってだけでなく、サンパウロ市にとっても重要な機会だ。中でも県連には今も「日本文化を残そう」「日本との強い絆を」という強い意気込みがある。そのシンボルが、地元主催としては世界最大規模の日本をテーマにした大イベント「県連日本祭り」だ▼欧米で行わ […]