樹海

 「母に優しい国」のランキングを毎年発表するNGOセーブ・ザ・チルドレンによれば、日本は昨年同様、179カ国中32位。5歳未満の子どもの死亡率や妊産婦の死亡リスクなど五つの指標があり、女性や子どもが暮らしやすい社会づくりにつながる女性議員の割合が11・6%と下位であることがランクを押し下げた。上位は北欧諸国が占める。日本の女性の社会的地位は決して高いものではないのはブラジルと比べても確か。今週末の「母の日」を受けたものだが、母を思う気持ちは順位をつけられるものではないだろう▼とはいえ、「母の日」の浸透度は比べられない。コラム子の場合でいうと、日本にいるときは認識すらなかったし、贈り物をした記憶もない。コマーシャリズムに乗せられるのが嫌だったせいもあるのだが、「よい母の日を!」と声を掛け合うブラジルの感覚に、いまだに感心している▼とはいえ郷里を長く離れていると、誕生日以外に感謝の意を表する機会もないので数年、花を贈っていた。ふと思い立ち今年は山形のサクランボにしてみた。いつもお礼と共に送られてくる写真を見ると、すでに数粒が食べられていた。思わず口にした後で、写真を撮ることを思い出したらしいのだが、遠く離れた老母の食欲に一安心▼このたび文協会長に就任した呉屋春美さんは今月、85歳の母ツル子さんと沖縄へ。1958年の移住以来、共に古里に戻るのは初めてだとか。「母の日」とは関係ないが、最高の親孝行だ。コロニアの重職に御母堂も心配の種が増えたわけだが、それはさておき。親類縁者を前に誇らしい帰郷となることは間違いない。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 東京五輪でドリームチームが生まれるか2020年2月14日 東京五輪でドリームチームが生まれるか  実はブラジル内ではさほど大きなニュースにはなっていないが、むしろ日本のスポーツ・ファンの方が気にしているであろうから言うが、9日、男子サッカーのブラジル代表が南米予選通過を決めた。  これが日本だと、「サッカーの五輪代表」などというと、サッカー・ファンなら本代表と同 […]
  • 年金審査に官民の差2020年2月13日 年金審査に官民の差  パウロ・ゲデス経済相が7日、「公務員は寄生虫で、母体の国を喰っている」ととれる発言を行い、各方面に波紋を投げかけた▼経済省はこの発言後、国民が払う税金が国民のために使われず、公的機関を維持するために使われていることや自動的な給与調整に言及したと釈明。だが、9日付フォーリャ紙に […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]