ホーム | コラム | 樹海 | 日本祭り「お疲れさま!」

日本祭り「お疲れさま!」

 県連日本祭りの裏方で働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。特に各県人会の婦人部の皆さんはこの数日間、家庭のことは二の次で働きづめだった▼弊社と静岡新聞が主催した富士山写真展にも多くの観覧者が訪れ、「涙が出ました」「こんな富士山初めて見ました」と感想を述べていく人もいて、主催者冥利に尽きた。伯人も多く訪れ、やはり「モンチ・フジ」には世界に訴える何かがあるのだと確信した▼W杯真っ最中にも関わらず例年以上の人出だったと聞き、どれほどこの行事を楽しみにしている聖市市民が多いかを痛感する。仕事柄いろんな行事に顔を出すが、これほど駐在員から日系人や伯人、若者から高齢者まで幅広く楽しめるものはない▼にも関わらず、来年からの会場賃料高騰を受けて、中止検討中と聞くにつけ、何とかならないかと思う。来年は日伯修好120周年―より盛大にやるべき機会なのに逆に撤退では…▼安倍首相が8月に来伯する予定と聞く。日本政府と力を合わせてこの行事を続けていく方策は見いだせないか。仏パリ日本文化会館の07年の運営費は約7億9千万円で、国際交流基金がうち約6億8千万円を負担したとの論文を読み、日系社会には出たことのない大金だと悲しくなった。地元主催で世界最大規模の親日イベントを17回も開催してきた実績を評価し、こちらにこそ力を割いてほしい▼県人、日系人だから―と無条件に無償奉仕する人々が数千人いてこそ、手間と時間をかけて準備できる。世界のどこにそんな国があるのか。残念ながら県人や日系意識は薄れてきた。今こそこの伝統を継続できる仕組みを作るべきだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 梅田邦夫大使2014年4月16日 梅田邦夫大使=総理来伯の年内実現に尽力=「こんな国は他にない」=W杯に向け意気込み語る ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に先月就任した梅田邦夫氏(60、大阪)が10日に来社し、W杯や日伯修好120周年に向けた思いを語った。 学生時代からサッカーが大好きで、日本サッカー協会の国際委員も務める。W杯を目前とした当地就任は、本人たっての希望 […]
  • あいさつする梅田大使2014年4月12日 聖市で梅田邦夫大使歓迎会=伯国のJリーグ貢献に感謝 ニッケイ新聞 2014年4月12日 ブラジル日本文化福祉協会など34日系団体が「梅田邦夫日本国特命全権大使歓迎会」を10日午後7時半、同文協ビルで行った。各団体の代表ら約150人が集まり、2週間前に到着したばかりの梅田大使の着任を祝った。 梅田大使は挨拶で「以前からブラジルで […]
  • 忘年会での乾杯の様子2014年12月25日 県連=代表者会議と忘年会開催=120人で労ねぎらう  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の12月度代表者会議と忘年会が19日、聖市のブルーツリーホテルで行われ、会議には約40人、忘年会には約120人が出席した。 代表者会議は、15日に亡くなった山形県人会長・押切壮フラヴィオさんへの黙祷で始まり、本橋会長の挨拶、来 […]
  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]