ホーム | コラム | 樹海 | 計画不足、観光客走らす

計画不足、観光客走らす

ニッケイ新聞 2014年4月15日

 W杯まであと58日となった。13日付フォーリャ紙が、豪華客船での旅行中、北大河州ナタルでの試合を観戦する予定の観光客3500人がペルナンブッコ州レシフェで船を降り、バスで280キロ移動する必要ありとの記事を掲載した▼ナタルにも港があるのに何故? と考える方もいるだろうが、理由は至って簡単。問題の豪華客船の高さが67メートルなのに、港に接岸する前にくぐらなければならない橋の高さが55メートルしかない事が分ったからだ▼旅行会社は6月13日のメキシコ対カメルーン戦と同24日のウルグアイ対イタリア戦をナタルで観戦する予定で、13年12月にナタル寄港との予約を入れたが、今年2月に寄港の予定をキャンセル。代替案として最適と判断されたのが、バス100台を連ねてレシフェ~ナタル間を往復する方法だ▼メキシコ人を中心とする利用者達は大変だろうが、橋の高さが港へのアクセスを妨げると予想出来なかったのは、旅行会社だけではない。北大河州港湾局担当者も、12年にナタル港のターミナル工事について発表した際、「ターミナル完成の暁にはW杯観戦者は海上に浮かぶホテル(豪華客船)を利用出来る」と発言していたという▼旅行会社が4カ月以上前に計画変更が必要な事に気づいたから良いが、100台のバスを揃えるのは容易ではないし、渋滞が起これば会場への到着時間を割り出すのは難しくなる▼新たな計画や解決策を立てる時、関係者の中に全体を俯瞰出来る人がいるか否かの差は大きい。W杯や五輪などのイベントも近いが、全国各地でもっと大きな落とし穴が見つかるのでは、と考え込まされる記事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]