樹海

 11日、フランスはパリで世界でも稀な光景が見られた。イスラエルのネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長がフランスやドイツの首脳らと共に腕を組んで行進する姿が報じられたのだ▼この行進は7日と9日に起きた新聞社襲撃やテロリストによる人質占拠事件の犠牲者17人の追悼と、「表現の自由」「テロ反対」を訴えるもので、50以上の国や地域の首脳を含む、120万~160万の人々が集った。全仏では370万人が参加したとされる抗議行動を最初に呼びかけたのは左翼政党で、デモそのものは政党や宗教、国籍も超えた大きなうねりとなった▼報道によると、7日の新聞社襲撃事件で容疑者に路上で止めを刺された警官のアフメド・メラベさんや、9日に人質4人が殺されたユダヤ系食材スーパーで客を助けた店員もイスラム教徒だった。新聞社襲撃後はイスラム教の施設を狙った暴力行為も多発しているが、今回の抗議行動には「私はアフメド」というスローガンを掲げてテロ反対を唱えるイスラム教徒の姿も見られ、過激主義とイスラム教を混同しないよう求める声も出た▼同日の抗議行動には、国が二分されているウクライナからの参加者も多かったし、伯国やチリ、ウルグアイ、コロンビアなど、軍政下で「言論の自由」や「表現の自由」の価値を再確認した南米諸国からの参加者もいた▼一部の急進派や過激派がその宗教や政党全体を代表する訳ではないと知っていても、ステレオタイプにとらわれて判断する事は多い。移民社会ならなおの事、互いの立場や主張、文化の違いを認め、相手を尊重する姿勢を持たなければ、真の共生、共存は無理なのだが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • そして「彼」までも去って行った2019年8月16日 そして「彼」までも去って行った  「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボウソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか […]