ホーム | コラム | 樹海 | アマゾンの火災とオーストラリアの火災は違う?

アマゾンの火災とオーストラリアの火災は違う?

 ブラジルのメディアが7日、オーストラリア(豪州)での火災に伴う煙がブラジル南部にも到達したと告げた▼昨年8月の法定アマゾンの森林火災急増で国際社会からも批判を浴びたボウソナロ大統領やリカルド・サレス環境相は、豪州での火災は9月から続き、多数の動物や人も死んでいるのに批判の声が少ないと、国際メディアへの不満を漏らしている。これに対し、7日付のエスタード紙やG1サイトは、アマゾンの火災と豪州の火災は根本的に違うという記事を掲載。この辺りの事情も説明している▼豪州での火災は、サバナ(サバンナ)と呼ばれ、背の低い樹木が点在する乾性の草原でのものだ。サバナは乾季と雨季が明瞭で、高温、乾燥、強風などの要素が重なる乾季は自然火災が起き易い。当局者は雨季が来るまで鎮火は困難としているが、火災が起き易い気候で育つ樹木は幹が太く、火災後の回復も早い▼これに対し、アマゾンは熱帯雨林で高湿度。樹木も密生し、自然火災は起こり難い。つまり、アマゾンでの火災は人為的なものが圧倒的に多い上、樹木の幹が細く、乾燥や火災に弱い。アマゾンの森の回復には何十年または100年以上を要すというが、伐採や火災の増加と湿度低下で同地域の樹木はますます弱っている▼サンパウロ総合大学のカルロス・ノブレ氏によれば、アマゾンでは2ヘクタールの土地に欧州全体を上回る種類の動植物が生育している。また、樹木の密生度も高く、同面積の伐採や焼失による地球温暖化や生態系へのインパクトは他の植生より大きい。豪州での火災も家屋焼失などの被害や動物の死、温暖化をもたらすが、アマゾンでの火災はより人為的で、影響も大きい事を心に留めたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • アマゾン火災騒動への違和感を読み解く2019年8月27日 アマゾン火災騒動への違和感を読み解く  アマゾンが国際世論やネット上でも燃えている――熱帯雨林伐採も森林火災も放置してはいけない。きちんとコントロールしなければいけない。その部分は、はっきりと言いたい。  その上で、先週からのアマゾンに対する国際世論を含めたボウソナロ政権への批判に奇妙な部分があることを指 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]