ホーム | コラム | 樹海 | ついに陽の光にさらされる進歩党

ついに陽の光にさらされる進歩党

シロ・ノゲイラ氏

シロ・ノゲイラ氏

 「ついにこのときが来たか」。進歩党(PP)党首、シロ・ノゲイラ氏がボルソナロ政権の官房長官に就任すると聞いてコラム子はそう思った。そして同時に、伯国政界で長きにわたって「暗部の一つ」とされていた問題の党が、とうとう白日の下(もと)に晒される。そうも思った。
 思えばPPが政界の表に出てくることはなかった。それは、たとえば古い世代だと、同党が軍事政権時代の国家革新同盟(ARENA)を前身に持つ政党ゆえ抵抗のある人も少なくなく、一般人気が出にくかったのかもしれない。
 ただ、同党が労働者党(PT)政権の協力政党になるなどして右派イメージを和らげ、ときも経過したことによって軍政のイメージがなくなり、「中堅政党」として生きながらえていた。そんなところだろうか。
 ただ、同党には長らくの問題があった。それが「汚職」だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により2019年1月12日 サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により  10日夜に強く降った雨のため、サンパウロ市南部のコンゴーニャス空港では23便の欠航が生じ、渡航予定者を混乱させる事態となった。11日付現地サイトが報じている。  サンパウロ市では10日午後8時過ぎに、南部や西部などで強い雨が降り、各地で冠水が発生するなど、道路交通で大きな影 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年10月6日 ◇コラム オーリャ! コラム   箱物四事業が「三事業」に――。ノロエステ日伯文化連盟が主催団体となっていた文化センター案が頓挫した。(先月三十日付け)  後日、連盟関係者から編集部に電話があり、聞かれた。「誰かに書いてくれと言われたのか」。 […]
  • 東西南北2013年10月10日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月10日  8日、サンパウロ州政府が、デモなどの騒乱の際に軍警のゴム弾使用の封印を解くことを宣言した。これは、7日にサンパウロ市で起きたリオ市の教師支援のマニフェスタソンで、ブラック・ブロックスが介入して銀行や商店を荒らしたことに対して採られた措置だ […]
  • 2009年5月1日 ブラジルの大地で半世紀=あめりか丸第32回同船者会=コチア花嫁最初の金婚式祝う=日本、ブラジリアからも ニッケイ新聞 2009年5月1日付け  「渡伯五十周年と金婚式おめでとう」――。一九五九年三月二日に神戸港、四日に横浜港を出帆した「あめりか丸」(乗員三百八十四人)の渡伯半世紀を祝い、四月二十五日午前十時から「渡伯五十周年記念祝い並びにコチア青年呼び寄せ第一回花嫁金婚祝記 […]
  • コクエラ=ふるさと祭り10、11日=新鮮な農作物を販売2012年10月30日 コクエラ=ふるさと祭り10、11日=新鮮な農作物を販売 ニッケイ新聞 2012年10月30日付け  モジ・ダス・クルーゼス市のコクエラ日本人会(農業者協会、田島弘会長)が『第22回ふるさと祭り』を10、11の両日、同会会館(Rod. Prof. Alfredo Rolim de Moura, […]