ホーム | コラム | 樹海 | 年金審査に官民の差

年金審査に官民の差

 パウロ・ゲデス経済相が7日、「公務員は寄生虫で、母体の国を喰っている」ととれる発言を行い、各方面に波紋を投げかけた▼経済省はこの発言後、国民が払う税金が国民のために使われず、公的機関を維持するために使われていることや自動的な給与調整に言及したと釈明。だが、9日付フォーリャ紙によると、公務員が受ける恩恵は、自動的な給与調整や雇用の保障などの特典だけではない。年金審査でも官民の差が歴然と表れているのだ▼同紙によると、国立社会保障院(INSS)が行う年金受給資格の審査期間の平均は基準の45日間を大幅に上回る65日間で、125日かかる例もある。審査担当職員は3100人に対して1人だ。一方、連邦公務員の場合は各職場に年金担当者がおり、その割合は40人に1人。別の言い方をすれば、民間労働者7130万人に対するINSS職員は2万3千人なのに、連邦公務員61万人に対する年金担当職員は1万5200人もいる▼民間でも、従業員数1万人超の企業は最低30人の人事担当者(330人に1人)がいるが、その枠に入らない零細企業の労働者や自営業者、病気などで働けなくなって年金申請した人達の審査担当者はもっと少ない。INSSで年金申請後、45日過ぎても受給出来ない人は年末時点で1300万人、新たな申請は月90万件だ▼退役軍人投入案に「待った」がかかり、連邦政府はINSSの退職者などを動員しようとしているが、退職者が出ると知りつつ、新規採用を怠った責任は誰にあるのか? 国民の代表のはずの為政者や議員達が恩恵の届かない人の痛みを理解するのはいつの事かと嘆きたくもなってくる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、 […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?2019年5月28日 なぜCOAFの所属をめぐって激論になるのか?  ボウソナロは連邦議会で負け続けている。一番象徴的なのが金融活動管理審議会(COAF)の所属に関する票決だ。  モロ法相が「汚職撲滅のために法務省に絶対に必要」と希望しているのを尊重して、現状のままにする動きが与党側から何度出されても、ことごとくセントロン(中道議員に […]