ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ三田会=戦前写真や新聞記事を寄贈=歴史的史料一式を移民史料館へ

サンパウロ三田会=戦前写真や新聞記事を寄贈=歴史的史料一式を移民史料館へ

史料館前で記念撮影(撮影のため一時的にマスクを外している)

史料館前で記念撮影(撮影のため一時的にマスクを外している)

 7月28日午後、サンパウロ三田会はブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が運営する移民史料館(山下リジア運営委員長)に歴史的な史料一式、写真や報道記事などを寄付した。
 当日には慶応義塾大学OB会「三田会」の林繁雄会長、長野昌幸氏(ながの・まさゆき)、大胡俊武(だいご・としたけ)氏、関根いつ子さんが文協ビルへ訪問し、史料館も見学した。
 寄贈史料は1940年頃から現在に至るまでの同会に関する写真や新聞記事で、前会長である故関根隆範(せきね・たかのり)さんが集めたもの。未亡人いつ子さんが「私が持っていてもしょうがない」と三田会に託し、史料館に寄贈する事になった。
 9月にブラジル三田会の名誉会長だった故・石井賢治さん、関根前会長の偲ぶ会をオンライン上での開催を予定しており、同会で使うもの以外を寄付している。
 山下運営委員長は「私も見た事のない貴重な写真が多かったです。移民史料館では史料をもとに研究を行う部門もありますので、研究に活用させて頂きます」と史料の寄贈に対し感謝を表した。
 林会長によると「三田会の会員は基本的に駐在員。昔は7割から8割が駐在員だったが、現在は9割。人数は100人を切って90人くらい」と説明し、「定年退職者には戻って欲しい」と冗談交じりに語った。
 いつ子さんは「楽しみが少なかった昔には、三田会というとお弁当を持って家族総出で出かけていましたね」と振り返り、「太っ腹な人も多かったです。後宮さんはパラナに来た時は牛一頭つぶしてもてなしてくれました」と懐かしむ。
 この後宮武雄さんは戦前、日本屈指の財閥を台湾に築いた後宮家の出身。慶応大学1年のとき北パラナに土地を買い、コーヒー5千本を植えた早熟の開拓者だった。一旦日本に戻った後宮氏は、大学3年のときに「全国美人投票」のミス日本を気に入り、強引に連絡をとって口説いて結婚。原始林だった北パラナにその新妻を連れていくなど、スケールの大きな開拓ロマンを体現した移民だった。

大耳小耳 関連コラム
    ◎
 ブラジル三田会では、同校医学部6年生が夏季休暇を利用して南米での医療活動や研究発表などを通じて国際交流や異文化理解を進める取り組み、国際医学研究会(IMF=International Medical Association)で来伯する学生の歓迎会等を行ってきた。40回以上続いていたが、20年・21年はコロナ禍で学生達が実際来伯することが叶わなかった。「来た頃はいかにも学生の面持ちだけど、1カ月するとすっかりお医者さんの顔になる」というだけに、学生にとって大変有意義なものになっているのが伺える。オンラインによる交流も盛んになっているが医療は人を診る職業柄、現場での体験は重要なはず。再び学生達が来伯できる環境になることを願うばかり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオデジャネイロ市》隣り合わせの建物2軒が倒壊=不法建築で大雨に耐えられず2019年4月13日 《リオデジャネイロ市》隣り合わせの建物2軒が倒壊=不法建築で大雨に耐えられず  【既報関連】8日夜の豪雨で死傷者も出たリオ市西部で12日、4~6階建ての建物が倒壊し、死傷者が出る事故が発生したと12日付現地紙サイトが報じた。  事故が起きたのは、ミリシアと呼ばれる犯罪者の民兵組織が支配する、ムゼマ地区だ。同地区はバーラ・ダ・チジュッカとアウト・ […]
  • パラナ=日語センターとモデル校25周年=教師や功労者に感謝状=「さらなる発展目指す」2016年10月11日 パラナ=日語センターとモデル校25周年=教師や功労者に感謝状=「さらなる発展目指す」  パラナ日本語教育センター(島田巧センター長)の創立25周年記念式典が2日午前11時から、ロンドリーナ市のパラナ日伯文化連合会(リーガ・アリアンサ)会館で開かれた。州内各地の日本語教育関係者、連合会役員・会員らが列席し、日本語教育を支えてきた歴代役員や教師、関係者への表彰や […]
  • 壁に向かって制作活動中のグラフィテイロ(Fernando Frazao/Agencia Brasil)2014年2月25日 「グラフィティは芸術だ」=リオ市長が公式に認める ニッケイ新聞 2014年2月28日 リオデジャネイロ市のエドゥアルド・パエス市長が18日、「グラフィティ・リオ」と呼ばれる市条例を発表し、19日付官報に掲載した。これは、ニューヨークなどの大都会で始まったスプレー缶や噴射機を使ったインクペイントの「グラフィティ(ポルトガル語 […]
  • 天皇陛下御在位30周年式典に参加して=上原氏「言葉に代え難い感動」=中南米から唯一、特別招待受けて2019年5月1日 天皇陛下御在位30周年式典に参加して=上原氏「言葉に代え難い感動」=中南米から唯一、特別招待受けて  2月24日、東京都千代田区の国立劇場にて、天皇陛下御在位30年記念式典が挙行された。中南米地域からはブラジル日本移民百周年協会の理事長だった上原幸啓氏(91、沖縄県)が、ただ一人特別に招待されて出席した。上原氏は「とにかく言葉に代え難い感動だった」と話し、御退位前最後 […]
  • コラム オーリャ!2004年5月7日 コラム オーリャ! コラム    サッカーが持つ光と陰を一度に味わった。  五日夜、行われたパウメイラス対ゴイアスによるブラジル杯。試合前、パウメイラス応援団に襲撃されて死亡したコリンチアーノの少年に対し、一分間の黙祷が捧げられた。 […]