ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月17日

 1〜8月のバス利用は昨年同期より1700万回減少という記事がエスタード紙に出た16日、聖市は公共交通機関の利用を増やして渋滞を改善する目的でバス専用レーンの拡張を行った▼連邦政府が減税などの自家用車製造販売を優遇する政策を続けるからこそ、バス利用が減った。その結果、自動車が増えて渋滞が酷くなりすぎたため、聖市側では自家用車の利用を減らそうと、バス交通を容易にするために専用レーンを拡張した。つまり、連邦と市の方針がちぐはぐになっている▼「多くの雇用や投資を生む車産業は基幹産業だ」ともてはやしておきながら、「専用レーンを拡大するから車は家に置いておけ」というのは矛盾している▼地球温暖化防止のために温室効果ガスの排出を削減といいながらも、車の増産が喜ばれ、販売を促すための減税を行うのも不思議だ。もっと一貫性のある政策、全体を見て調整する人間はいないのかと考え込んでしまった。と同時に「こんなに渋滞が酷いのに、まだ車の生産や販売を奨励するのか」と連邦政府の政策を批判した知人の言葉も蘇った▼2002年12月から今年8月までの10年余りでバス料金は111%、地下鉄料金は93・9%値上がりしたが、新車価格は6・3%の上昇。ガソリンや車両保険も43・9%、40・5%上がったのみで、中古車価格は19・1%値下がり。公共交通機関の充実よりも車優遇の政策が採られてきた事は一目瞭然だ▼バス料金の値上げ反対などを発端とする6月の抗議行動後、国も公共機関の充実などの公約を打ち出したが、その場逃れで付焼刃的な政策はいつかボロが出て来る。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 2025年万博の大阪誘致に賛同を2017年11月28日 2025年万博の大阪誘致に賛同を  「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。 […]
  • ますます狭まるルーラ包囲網2016年2月11日 ますます狭まるルーラ包囲網  パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、ルーラ前大統領が足繁く通っていたアチバイアの別荘の改築工事の件を別件捜査する事を認めた▼ペトロブラス関連の汚職等を扱う連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で告発されたOAS社が、グアルジャーの3層住宅とアチバイアの別荘の改築に関わってい […]
  • 2015年6月1日朝日新聞夕刊2015年6月2日 朝日新聞よ、弱いものイジメか  朝日新聞1日付けに『悩める邦字新聞』と見出しを掲げる記事が載った。『苦境 南米で日系人口減少』。移民1世、日系1世と書く新聞だがこの内容なら、日本人とするべきではないか。決して日系人は減っていない。さて記事は『週2回800部に』の小見出しで、ブエノスアイレス「らぷらた […]
  • 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭2015年6月12日 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭  三重県鈴鹿市に住む遠藤健二さん(51、二世)はリーマンショック後に解雇されて苦しみ、日ポに加え英西4語の語学力を武器に「ユニオンみえ」の専従職員になり、外国人労働者の権利を守るために奮闘しているという記事が毎日新聞5日付夕刊に掲載された。外国人労働者にとって《遠藤さんがい […]