ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物『朝蔭』3月号

刊行物『朝蔭』3月号

ニッケイ新聞 2014年4月11日

  『朝蔭』3月号(第785号)が発行された。

巻頭「句帳」(念腹、その一句「月見草昼より咲いて牛蛙」)、「雑詠 寿和選」その3句「味噌汁の雑煮に馴染む異人嫁」(前橋光子)、「月に冴ゆ警邏の笛に帰路急ぐ」(臼井白山)、「抱擁し挨拶おいて汗をふく」(野々瀬真理子)、「句会便り」(各地句会)ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 「ピンドラーマ」1月号配布中2020年1月8日 「ピンドラーマ」1月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」1月号が出版された。  加山雄二郎氏の「魔詞不思議なブラジル経済」では、昨年のブラジル経済的政策を解説。2020年はボウソナロ政権2年目。その経済の興味深い展望を考察している。その他「白洲太郎のカメロー万歳!」、イベント、飲食店、 […]
  • 『ブラジル日系文学』第63号を刊行2019年12月19日 『ブラジル日系文学』第63号を刊行  ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が発行する『ブラジル日系文学』第63号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。同文学会が組織一新して、第2号目となった。  今号では、金沢大学の杉山欣也教授による、ブラジルにおける日本語文学の論文「《日本 […]
  • 新刊紹介=『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO JAPÃO』=世界に誇る日本製品紹介をポルトガル語で2019年12月13日 新刊紹介=『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO JAPÃO』=世界に誇る日本製品紹介をポルトガル語で  ニッケイ新聞は9日、『世界が感謝!「日本のもの」』(「ニッポン再発見」倶楽部著、三笠書房、2015年)のポルトガル語翻訳版『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO […]
  • 田中慎二画文集『アンデスの風』=増刷販売、本紙編集部でも2019年12月10日 田中慎二画文集『アンデスの風』=増刷販売、本紙編集部でも  イラストレーター、画家、日系社会史研究家の故田中慎二さんの画文集『アンデスの風』(2017年、146ページ)が篤志家の好意により増刷され、再販売されている。初版本はたった100部しか印刷されなかったため、欲しくても入手できない人が多数いた。  同書をめくると、田中さ […]