ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月16日

 14日、サンパウロ市南部カンポ・リンポで、サンパウロ市で最初となる24時間緊急医療施設(UPA)が操業をはじめた。このUPAはジウマ大統領のプロジェクトの一環として開設されたため、かねてから注目度が高く、初日にあたる14日も長蛇の列が出来たが、院内は大混乱。この日は骨折などの患者への対応には不可欠な整形外科医が不在で、患者の誘導も悪く、診察まで7時間待つ患者もいた。ある患者は朝7時開院のところを6時から並んだが、医師の診察を受けたのは11時、レントゲン撮影が午後3時、肺炎との診断が下って病院を出たのは同4時半だったとか。これでは「緊急」とは言えないが。

サッカーサンパウロ州選手権で全国選手権ランク外から見事優勝を飾ったイトゥアーノだが、15日付エスタード紙によると、レギュラー選手11人のうち、この後もチームに残るのは30歳を超える選手を中心にわずか3人で、残り8人はほぼ移籍しそうだと報じている。彼らの獲得を狙っているチームとして最も名前があがるのはパルメイラスで、フルミネンセやボタフォゴのリオ勢、その他、サンタカタリーナ州や北東伯の強豪なども興味を示しているという。

『百年の孤独』『コレラの時代の愛』で南米文学史上最大の文豪として知られ、1982年のノーベル文学賞受賞者でもあるコロンビアのガブリエル・ガルシア・マルケス氏(87)の癌が、肺やリンパ、肝臓に転移し、危険な状態であることが14日に判明した。同氏はメキシコの自宅でのホスピス・ケアによる治療を望んでいるが、予断は許さない状況だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年2月14日 東西南北  本面で報じているように、ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は高い人気で最初の1カ月を終えた。やはり「企業家」ゆえ、仕事のペースが速く、人々へのアピールも普通の政治家よりうまいのか。同氏は既にトレードマーク化した清掃着も「4年間着続ける」と宣言しているが、果たして有言実行できる […]
  • 東西南北2014年4月8日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月8日 6日に行なわれたサッカーサンパウロ州選手権決勝第1戦のサントス対イトゥアーノ戦は、クリスチアンのあげた1点を最後まで守りきったイトゥアーノが勝利し、優勝に王手をかけた。これでイトゥアーノは予選でのサンパウロ、準決勝のパルメイラスについでまたも大 […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]
  • 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!2018年4月17日 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!  ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。 […]
  • サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強2015年1月31日 サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強  本日、2015年のブラジルサッカーシーズンの幕開け、各州選手権が開幕する。 サンパウロ州選手権1部セリエA1は、20チームが覇権を競う。 昨年は伏兵のイトゥアーノが12年ぶり2回目のサンパウロ州制覇を果たした。鼻を明かされたサンパウロ州4強は、捲土重来を期しているが、リベ […]