ホーム | 日系社会ニュース | 聖西日語連合=イタペセリカで林間学校=63人が勤勉や規律学ぶ

聖西日語連合=イタペセリカで林間学校=63人が勤勉や規律学ぶ

ニッケイ新聞 2014年4月16日

 聖西日本語教育連合会(佐藤吉洸会長)は先月1日から4日間、「第8回わくわくセミナー」をイタペセリカ・ダ・セーラ文化体育協会で実施した。
ひまわり学園、イタペセリカ校、こいのぼり校、構え学園、タボン学園、カシンギー学園、山本塾の7校の教師16人と、6~20歳の生徒63人が参加した。
主なプログラムは早朝の体操、日本語ゲーム、フォークダンス、紙粘土、写生会、地下鉄・汽車旅行など。生徒たちの日本語レベルは様々だが、互いに協力しながら責任感を持って勤勉に働き、規律正しい生活態度を養うことを学んだ。
イタケーラ、リベルダーデ旅行では、地下鉄に乗る際、日本と同じように「気をつけ」の号令で整列をし、時間を守って行動した。3度の食事では「いただきます」と声をはりあげて挨拶。後片付け、掃除、皿洗いも自発的に行った。
最終日は、迎えに来た父兄の前で学習発表会。全グループともに見ごたえの有るチームワークを披露したほか、「小さい子をいたわることを学んだ」「時間を守る事の大切さを覚えた」などと発表し、同学校が確実な成果を上げたことが感じられた。
閉会式では、13歳の藤坂チファニー由香理さんが「役に立つ人になるための体験を私たちに与えてくれたこのセミナーが、いつまでも続いて欲しいと思います」と謝辞を述べた。
構え学園園長の宮崎高子さんは、今年の聖南西に稚児教師研修会でサンパウロ総合大学のモラレス松原礼子教授が述べた「日本語学校が生き残るためには、当地社会に開かれ、時代に合った教育実践に取り組む必要がある」との言葉を挙げ、「まさにその実現に取り組み、成功した」と喜んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加2019年1月12日 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加  ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)は、日本から青年部担当の青木富造常任理事を招聘し、聖、パラナ州6都市を巡り少年少女講習会を実施している。  「愛と汗」の精神を通じて社会教育を行うことを目的として団体で、当地では1971年に創立した。日本から30年近くに及んで講師が […]
  • ミツオ・ナカオ=限定珈琲で110周年に協力=曽祖父の思い紡ぐ日系四世2018年3月14日 ミツオ・ナカオ=限定珈琲で110周年に協力=曽祖父の思い紡ぐ日系四世  親子3代で珈琲農園を続けてきた老舗珈琲ブランド「Mituo Nakao(中尾光男)」の3代目、中尾アンドレさん(29、4世)が、移民110周年の資金集めに協力を申し出た。 […]
  • コーヒー鑑定士特別講座も=日帰りサントスツアーで2018年8月16日 コーヒー鑑定士特別講座も=日帰りサントスツアーで  旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)が4日、「コーヒー探訪シリーズ第二弾 日帰りサントスツアー」を開催し、20人が参加した。ツアーではモンテ・セーラの丘やコーヒー博物館などの観光名所めぐりのほか、元コーヒー鑑定士で現在教授としてコーヒー鑑定を教えるニルトン […]
  • パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出2017年2月3日 パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出  移民110周年をいよいよ来年に控える中、パラナ日伯文化連合会(折笠力己知会長)は先月29日、ロンドリーナ市の同会講堂で定期総会を開催し、新体制を発足させた。5年間会長職を務めた折笠氏は勇退し、マウア・ダ・セーラ文協で日語書記(元会長)を務める上口寛氏(66、鹿児島県)を新 […]
  • ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん2017年2月23日 ■訃報■本紙地方外務員 摺木(すりき)康男さん  パラナ州トレード日本人会長を2期務めた後、日伯毎日新聞からニッケイ新聞まで34年にわたって外務担当などを務めてきた摺木(すりき)康男さんが、16日午後6時、肺癌のためレカント・サンカミロ病院で亡くなった。享年83。  1933年に鹿児島県南九州市頴娃町牧之内で生まれた摺木さ […]