ホーム | 日系社会ニュース | 湖西市女児自動車事故=山岡夫妻「理子に申し訳ない」=在日コミュニティに懸念広がる

湖西市女児自動車事故=山岡夫妻「理子に申し訳ない」=在日コミュニティに懸念広がる

ニッケイ新聞 2014年4月23日

 【既報関連】05年10月に静岡県湖西市で山岡理子ちゃん(当時2歳)が死亡した自動車事故に関して、事故後に帰伯していた日系人の藤本パトリシア被告に対する控訴審の判決が14日に出た。サンパウロ州高等裁は、2年2カ月の禁固などを命じた昨年8月の一審判決を覆し、「時効」を認める判決を下した。
この件に関して、山岡夫妻は本紙メール取材に対し、「今後どうすればいいのか。もうどうしようもないのか。悔しくて悔しくて。理子に申し訳なくて…」と言葉にならない悔しさを表明した。
二宮正人弁護士(65)は「無罪ではなく有罪で、日本で言えば、執行猶予がついたようなもの。そのことだけでも評価されれば」と話す。静岡新聞の取材に「一審判決から減刑した理由はわからない」とし、国外の事件でも時効進行の中断はないことを挙げながらも「残念だが、仕方ない」と話す。犯人の引き渡しを求める70万人の署名を集めた理子ちゃんの両親に対し「本当に頭が下がる」と敬意を表すが、「犯人の引き渡しも無理。これ以上やりようがない」と肩を落とす。
被害者の山岡夫妻が容疑者の日本への引き渡しを求め、外国人引き渡し条約締結、司法共助協定に関する署名活動を行った際、当地で署名収集に協力し、当地から3千人以上の署名を送った静岡県人会元事務局長鈴木幸男さんは、「ぼくたちがしたことは意味がなかったのか…罪を犯した人が、当然処罰されるべき。このニュースは非常に残念」と語る。
在日ブラジル人コミュニティからは様々な懸念の声が上がっている。近畿大学のリリアン・テルミ・ハタノ准教授は「この出来事が日本で新たなブラジル人や外国人の排斥運動に発展するのではと気がかり」と語る。
静岡新聞の取材に対し、浜松市で外国人の子どもたちの学習支援を続けている金城アイコさん(50)=同市東区=は「日本に暮らすブラジル人の青年に『逃げれば罪に問われない』というメッセージとして受け止められると怖い」と危機感を口にする。
ブラジル人向けのラジオ番組などを通じて遺族を支援してきたNPO法人「ブラジルふれあい会」の座波カルロス理事長(50)は、「本当に悪くないと思っているのなら、日本に戻ってきて裁判を受けるべき。両国のルールの違いを利用して罪を逃れようとしたなら許されない」と同紙に語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2009年9月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年9月17日付け […]
  • コロニア10大ニュース2004年12月28日 コロニア10大ニュース 12月28日(火)  記憶に残る首相伯=日伯センター建設問題も ニッケイ新聞社は年末恒例のコロニア十大ニュースを選んだ。一年間様々な出来事を取材し続けた編集部が、コロニアにまつわるニュースから選び出した。やはり、八年ぶりにブラジルを訪れ、コロニアとも積極的に交流を持 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 《ブラジル》日本祭り、初日から大盛況=県人会食ブースに長蛇の列=日本食普及の親善大使も2017年7月8日 《ブラジル》日本祭り、初日から大盛況=県人会食ブースに長蛇の列=日本食普及の親善大使も  いよいよ「第20回日本祭り」が昨日、サンパウロ市で開幕した。主催のブラジル日本都道府県人会連合会はテーマを「20年の歩み」とし、新たな挑戦の年として意気込む。晴天の中、開場を待ちわびる人で初日から長蛇の列ができ、正午の幕開けと共に日本文化の祭典が全貌を現した。  会 […]