ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■「生き方そのものがアート」

■ひとマチ点描■「生き方そのものがアート」

ニッケイ新聞 2014年4月24日

「来年こそ」と意気込む楠野裕司さん

「来年こそ」と意気込む楠野裕司さん

 「来年の日伯修好120周年では何かやりたい」。東洋街の外れにある行きつけのシュラスカリアでセルベージャを片手に、そう熱く語るのはアートプロデューサーの楠野裕司さん(71、北海道)だ。

 10代後半、夕張から上京し割烹料理屋で修行中に客の芸術家からセンスを認められ、「写真家になれ」と薦められた。初めて撮った被写体が〃日本の喜劇王〃エノケンだったとか。

 軍政だった74年に渡伯し「軍施設が近くにあるせいか、イビラプエラ公園で写真を撮っていただけで、カランジルー刑務所にぶち込まれた」という。映画にもなった南米最大の刑務所だ。型破りな雰囲気が共感を呼んで日伯に幅広い人脈を築き、数々の舞踊公演などのイベントを成功に導いた。3月28日付夕刊フジでも楠野さんの記事が出て《生き方そのものがアート》と評された。

 来年に向けた意気込みの裏には、亡き妻なつみさんとの約束がある。01年に早世した弟隆夫さんが当地に舞踏を伝えた功績を後世に伝えていくため、記念公演を3年に1度すると二人で決めていた。しかし、そのなつみさんも07年に不慮の死を遂げた…。

 「新世代を使った舞台を」との構想に燃えている。120周年にふさわしい渾身のイベントが見られるかも。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 式典での鏡割りの様子2015年3月14日 パラナ州=日伯修好120周年開幕式=州県45年、入植百周年も=知事「日本式は州の理念」  【長村裕佳子クリチーバ通信員】今年は日本ブラジル外交関係樹立120周年、パラナ州日本人入植百周年、パラナ州兵庫県姉妹州県提携45周年の三つの節目を迎えることから、パラナ州政府、在クリチーバ日本国総領事館、パラナ州記念事業実行委員会の合同で12日、クリチーバの州政庁で記念事 […]
  • 深沢さんと深野さん2014年7月9日 国際交流基金=深野昭所長が退任=深沢陽氏が新所長に  国際交流基金サンパウロ日本文化センターで2011年4月から所長を務めていた深野昭さん(61、新潟)が退任し、深沢陽さん(59、神奈川)が新所長に就任、1日に挨拶のため本紙を訪れた。 深野さんは、「海外赴任は二度目だったが、ブラジル社会も文化も知らなかったので不 […]
  • 梅田邦夫大使2014年4月16日 梅田邦夫大使=総理来伯の年内実現に尽力=「こんな国は他にない」=W杯に向け意気込み語る ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に先月就任した梅田邦夫氏(60、大阪)が10日に来社し、W杯や日伯修好120周年に向けた思いを語った。 学生時代からサッカーが大好きで、日本サッカー協会の国際委員も務める。W杯を目前とした当地就任は、本人たっての希望 […]
  • あいさつする梅田大使2014年4月12日 サンパウロ市で梅田邦夫大使歓迎会=ブラジルのJリーグ貢献に感謝 ニッケイ新聞 2014年4月12日 ブラジル日本文化福祉協会など34日系団体が「梅田邦夫日本国特命全権大使歓迎会」を10日午後7時半、同文協ビルで行った。各団体の代表ら約150人が集まり、2週間前に到着したばかりの梅田大使の着任を祝った。 梅田大使は挨拶で「以前からブラジルで […]
  • 西森下議2014年3月25日 パラナ経済使節団が出発=西森州議、交流さまざま ニッケイ新聞 2014年3月25日 パラナ日伯商工会議所による「第41パラナ日伯友好経済使節団」(西森ルイス団長=連邦下議)27人が20日、当地を出発した。30日まで日本に滞在し、東京や兵庫県等で交流を行う。 東京では麻生太郎副総理や河村健夫衆議、岸信夫外務副大臣と面会し、 […]