ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル一の錦鯉競う=サンパウロ市で錦鯉品評会

ブラジル一の錦鯉競う=サンパウロ市で錦鯉品評会

ニッケイ新聞 2014年4月24日

 ブラジル錦鯉協会(尾西ロニー会長、会員約50人)主催の「第33回ブラジル錦鯉展品評会」が、5月3、4の両日、サンパウロ市のアグアブランカ公園(Av. Francisco Matarazzo, 445, Barra Funda)で開かれる。
開催時間は初日が午前9時~午後5時、二日目は午後6時まで。初日午前9時から表彰式がある。
サンパウロ州をはじめリオ、サンタカタリーナ、バイーアなど、全伯各地から22の生産者が集い、約250~300匹の錦鯉を出品する。日本からも元公認審査員の大町之夫さんが来伯、審査に参加するという。
錦鯉、えさ、ポンプ等の販売のほか、3日午後2時、4日午前10時半からは生産者のマルセロ・アサノさんによる無料講演会もある。テーマは「錦鯉の見分け方」「優勝する錦鯉の育て方」。
尾西会長と尾西貞夫相談役が来社し、「泳ぐ宝石を一度見に来てほしい。会員も募集しています」と呼びかけた。
問い合わせは尾西会長(11・7710・1853、94250・0134)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 多和田葉子が対談「日本語は重要」=「雪の練習生」翻訳本を出版2019年10月15日 多和田葉子が対談「日本語は重要」=「雪の練習生」翻訳本を出版  国際交流基金サンパウロ日本文化センター、トダヴィア出版が主催して10日晩、サンパウロ文化センターで多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)のポルトガル語版「雪の練習生」出版記念の公開対談が行われ、半分以上が非日系人を占める約30人が聞き入った(5面「樹海」に関連コラム […]
  • 毎年30万人ずつ減る日本=森田所長、USP講演6日2017年3月4日 毎年30万人ずつ減る日本=森田所長、USP講演6日  サンパウロ州立総合大学法学部は、東京大学名誉教授であり社会保障・人口問題研究所所長の森田朗氏を招き、『日本の人口動態と社会保障~少子高齢化・人口減少時代における政策と法』をテーマに、6日午後6時から同法学部1階小講堂(Largo Sao Francisco, […]
  • USP法学部=「国際海洋法の漸進的発展」講演=国際海洋法裁判所の柳井判事2017年8月24日 USP法学部=「国際海洋法の漸進的発展」講演=国際海洋法裁判所の柳井判事  サンパウロ州立総合大学法学部は、ドイツ・ハンブルクに所在する国際海洋法裁判所の柳井俊二判事(80、東京都)を招き、『国際海洋法裁判所20年と国際法の漸進的発展への寄与』と題し、24日午前10時から、サン・フランシスコ広場同法学部キャンパス内会議室(Largo São […]
  • ■訃報■ニッケイ新聞顧問 中野光雄2016年1月5日 ■訃報■ニッケイ新聞顧問 中野光雄  パウリスタ新聞元副社長、ニッケイ新聞顧問だった中野光雄さんが1月1日午前、サンパウロ市アクリマソン区の自宅アパートで亡くなっているのが、家政婦によって発見された。死因は突発性心臓発作。享年85。6日午前8時からセミテリオ・サンペドロ(Avenida Francisco […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオ・デ・ジャネイロ共同】リオ・デ・ジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声 […]