ホーム | イベント情報 | 元航空幕僚長 田母神が氏来伯=来月25日に特別講演会

元航空幕僚長 田母神が氏来伯=来月25日に特別講演会

ニッケイ新聞 2014年4月26日

田母神氏

田母神氏

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65、福島)がブラジル日本会議(徳力啓三理事長)の招聘事業で来月末に来伯、25日午後2時から愛知県人会(Rua Santa Luzia, 74)で『特別講演会』を行う。

 講演内容は現段階で未定だが、同会議の小森広名誉理事長によれば「日本人とはといった内容になる」という。

 田母神氏は2008年まで航空幕僚長として勤務。在職中、民間の懸賞論文へ応募した「日本は侵略国家であったのか」と題する論文が波紋を呼び退職した。

 今年1月には石原慎太郎元東京都知事の支援を得て東京都知事選に立候補。16人中4位と落選したが、20~30代の男女を中心に61万865票を集めている。

 同会議には「日系人には日本の歴史を知り、日本人としての誇りを持って欲しい」との思いがあり、去年10月から具体的な交渉を行っていた。
小森氏によれば田母神氏は滞在中、斉藤準一ブラジル空軍総司令官と対談を行う。08年に同氏が「日本人ブラジル移住100周年記念行事」で防衛省を表敬訪問した際、当時航空幕僚長だった田母神氏から日本刀を贈呈され、「是非お返しを」と要望を受けたもの。ブラジル航空機メーカー「エンブラエル」社の見学も行う。

 協力券は30レアル(前売り、当日ともに)で販売中。

 申し込み、問い合わせは同会議事務所(電話11・3271・6304)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ