ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月26日

 AGCがフィーゴ氏へアンバサダーを要請したのは、「現役時代、彼は得意のドリブルで道を切り開いてきた。引退後も社会活動に熱心で、その2点が社風と一致した」と石村社長は説明した。昨年6月のコンフェデ杯ではラモス瑠偉氏がアンバサダー務めており、今年3月からJリーグ2部・FC岐阜の監督を務める同氏に対し、AGCは就任お祝いにベンチ(コンフェデ杯モデル)を贈っている。

 6月上旬の会館移転に向け、着々と作業を進める鹿児島県人会。生活用品から事務用品まで大量の荷物を少しずつ移動、処分させ、一部は園田昭憲会長が所有する倉庫に避難している。同会65周年時に県知事から寄贈され、大広間に飾ってあった鎧兜はこの度、移民史料館に贈られることに。行き場を失う物品もあるだろうが、出来る限り有効活用したいところ。ちなみに移転先はまだ調整中だそう。

 今月4日、ブラジルを知る会が東日本大震災復興バザーを行ったが、他国にも被災地を応援し続ける人々が。仏ボルドー地方のワイン醸造業者「シャトー」は18日夜、所蔵するワインの一部を放出する慈善オークションを東京の駐日仏大使公邸で開催。約150本が落札され、2900万円余りを売り上げたとか。経費を差し引いた分が被災地で活動するNPOなどに贈られるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]
  • 大耳小耳2013年5月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月17日  宮城県人会の中沢会長によれば「記念碑設置のきっかけは樹海(先月12日付本紙一面コラム)を読んだこと。以前から考えはあったが、現地のガイドすら若宮丸の件を知らないことに愕然とし、すぐにANCに連絡をとった」のだとか。流石の行動力には感服するば […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇2019年1月31日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇  【岩手県山田町発】2011年3月11日に発生し、東北に大きな傷跡を残した東日本大震災。震災発生から2か月後に本紙記者が、ブラジル岩手県人会の賛助会員が住む岩手県山田町を訪れ、その惨劇を報じた。それから約8年――昨年12月に再び山田町に足を運び、人々の生活や町の変化を取 […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、聖市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40人が参列 […]