ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月26日

 AGCがフィーゴ氏へアンバサダーを要請したのは、「現役時代、彼は得意のドリブルで道を切り開いてきた。引退後も社会活動に熱心で、その2点が社風と一致した」と石村社長は説明した。昨年6月のコンフェデ杯ではラモス瑠偉氏がアンバサダー務めており、今年3月からJリーグ2部・FC岐阜の監督を務める同氏に対し、AGCは就任お祝いにベンチ(コンフェデ杯モデル)を贈っている。

 6月上旬の会館移転に向け、着々と作業を進める鹿児島県人会。生活用品から事務用品まで大量の荷物を少しずつ移動、処分させ、一部は園田昭憲会長が所有する倉庫に避難している。同会65周年時に県知事から寄贈され、大広間に飾ってあった鎧兜はこの度、移民史料館に贈られることに。行き場を失う物品もあるだろうが、出来る限り有効活用したいところ。ちなみに移転先はまだ調整中だそう。

 今月4日、ブラジルを知る会が東日本大震災復興バザーを行ったが、他国にも被災地を応援し続ける人々が。仏ボルドー地方のワイン醸造業者「シャトー」は18日夜、所蔵するワインの一部を放出する慈善オークションを東京の駐日仏大使公邸で開催。約150本が落札され、2900万円余りを売り上げたとか。経費を差し引いた分が被災地で活動するNPOなどに贈られるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日2014年4月23日 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が『第47回日本民謡ブラジル大会』を、27日午前8時半から宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, […]
  • 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事2014年3月12日 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日、ブラジル宮城県人会をはじめとする東日本大震災の被災3県人会共催の下、本式典を開催いただきますことに、心から感謝申し上げます。  時間の経過とともに、震災の記憶の風化が懸念される中、多くの皆様の御尽力により、遠く離れた御地ブラジルでこ […]
  • 黙祷をささげる関係者2014年3月12日 岩手、宮城、福島が3.11追悼式=「がんばれ日本、東北!」=復興祈り、黙とう捧げる=明るい近況報告も届く ニッケイ新聞 2014年3月12日 「復興に向け、着実に一歩ずつ」。岩手、宮城、福島の3県人会が11日午後2時から、宮城県人会館で『東日本大震災3周忌追悼式』を行った。震災発生日に合わせた平日開催にも関わらず、約100人が集まり犠牲者に黙とうを捧げた。防災関係者による講習や […]
  • 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事2014年3月12日 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日ここに東日本大震災3周忌追悼式が執り行われるに当たり、福島県民を代表し、謹んで追悼の言葉を捧げます。  開催に御尽力いただきました3県人会を始め、関係者の皆様に心から敬意と感謝の意を表します。  県では地震と津波、原発事故により、あら […]
  • 東日本大震災3周忌追悼式=宮城県人会で11日2014年3月8日 東日本大震災3周忌追悼式=宮城県人会で11日 ニッケイ新聞 2014年3月8日  東日本大震災3周忌追悼が11日午後2時から、宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, […]