ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月26日

 本紙の提携紙である「沖縄タイムス」で、4月14日からの毎週月曜日、カンポグランデのそばをレポートした連載を掲載している。全4回で、サイトでも見ることができる。8月14日には沖縄から慶祝団を迎えた100周年式典、それにあわせ毎年のソバ・フェスティバルも開催する。3月に取材で訪れたさい、そばの歴史と、邦字紙の浅からぬ縁を知った▼沖縄移民は家でもそばを作り、多くの二世のおふくろの味となっているが、商売となったのは戦後のこと。1954年に市内のバールで提供を始めた友寄英芳氏は、本紙の前身であるパウリスタ新聞の代理人だった。近郊で野菜づくりに励む県人らは、夜も明けきらぬうちに市内で行商を行い、友寄さんの店で新聞を受け取り、読みながらそばを啜っていたという▼長く本紙の代理人を務め、屋台でそばを始めた先駆者の一人、勝連ひろしさん(故人)の妻安子さんに聞いた話も感慨深いものだった。亡くなったその日、いつものように外でビールをひっかけて帰宅した勝連さん。調子が悪かったのだろう、夕食もそこそこに立ち上がった。「新聞のレシーボは棚の上にまとめてあるから」と安子さんに伝え、寝室への通路で倒れこんだ。今際の言葉は新聞の集金を気に掛けたものだった▼戦後移民が少ないカンポグランデの一世はごくわずか。もちろん本紙の購読者も少ない。現在の代理人である勝連さんの息子武さんは公設市場でそばの店を経営しており、好評のようだ。いまや市の無形文化財で市民食となったそばを伝えてきた人が、新聞も支えてきたわけだが、隆盛と衰退。これも一世紀の歴史の一部だ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]