ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行『蜂鳥』

刊行『蜂鳥』

 句集『蜂鳥』318号が刊行された。
 「蜂鳥集」より3句「秋冷や郵便箱にくもの糸」(西朋子)「カピバラの耳かはいいと女の子」(畠山てるえ)「来客に半裸をわびて秋暑し」(青木駿浪)、特別作品「四旬節」(関山玲子)ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月14日 東西南北  10日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテで、64歳の女性が初めての赤ちゃんを出産して、話題を呼んでいる。13日付アゴーラ紙によると、ノルマ・マリア・デ・オリヴェイラさんは長年検察官として働いてきたが、63歳の時、出産への強い思いを感じ、伴侶の精子をドナーからの卵子と体外受 […]
  • 福博青年会創立80周年=「元村民ぜひ参加を!」2013年5月23日 福博青年会創立80周年=「元村民ぜひ参加を!」 ニッケイ新聞 2013年5月23日  福博青年会創立80周年記念式典が6月16日午前10時から、スザノ市イッペランジア区の福博村会(上野ジョルジ会長)の会館で行われる。「全伯でも80周年を迎える青年部は珍しいのでは」と上野会長(63、二世)は強調し、「昔福博に住んでいた方 […]
  • アマゾン、サバンナへ変貌=10年以内に60%が姿消す2004年8月4日 アマゾン、サバンナへ変貌=10年以内に60%が姿消す 8月4日(水)   【フォーリャ・デ・サンパウロ紙二十八日】森林伐採と地球温暖化現象でアマゾン熱帯雨林の六〇%が、十年以内に姿を消してサバンナへ変貌すると、アマゾン環境会議が衝撃的報告を発表して注目された。 […]
  • イペランジャホーム=手作りラッキョウはいかが?=8日、ダリア祭りで販売2009年2月27日 イペランジャホーム=手作りラッキョウはいかが?=8日、ダリア祭りで販売 ニッケイ新聞 2009年2月27日付け  今年十五回目を迎えるサンパウロ日伯援護協会「イペランジャ老人ホーム」(根塚弘ホーム長)主催の『ダリア祭り』が八日午前十時から、スザノ市の同ホームで行われる。 […]
  • アマゾン移住80周年=マナウスで日本食ワークショップ=すしを通して日本に触れる2009年5月1日 アマゾン移住80周年=マナウスで日本食ワークショップ=すしを通して日本に触れる ニッケイ新聞 2009年5月1日付け […]