ホーム | イベント情報 | 移民106周年=各地で記念イベント開催

移民106周年=各地で記念イベント開催

 ブラジル日本移民106周年を記念し、今年も移民の日前後に各種イベントが開催される。詳細は次の通り。
【サンパウロ市】
◎14日午前9時からイビラプエラ公園(Av. Pedro Álvares Cabral s/ n, Portao 7)で『第32回ラジオ体操フェスティバル』
◎16日午後7時、サンパウロ市議会1階(Viaduto Jacarei, 100, Bela Vista)で『記念式典』
◎18日午前8時からサンゴンサーロ教会(Praca Doutor Joao Mendes s/ n, Centro)で『先駆者慰霊ミサ』、午前10時半からイビラプエラ公園の開拓先亡者慰霊碑前(Av. Pedro Álvares Cabral, s/n, Portao 10)で『慰霊法要』、午後2時から文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で『開拓先亡者追悼大法要』
◎21、22日の両日、文協大講堂で『第49回コロニア芸能祭』。初日午前9時から『白寿者表彰式』
【サンロッケ市】
◎28、29の両日午前8時から国士舘大学センター(Estrada do Carmo, 801, Carmo)で『第18回文協桜まつり』
【サンベルナルド・ド・カンポ市】
◎15日午前8時からコーペラチーバ区のトクヤマ広場で『ゲートボール大会』
【モジ市】
◎21日午前10時、移民広場(Av. Vol. Fernando Pinheiro FrancoとAv. Fernando Costaの交差点)で『慰霊ミサ』

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任2019年1月12日 海軍初の日系中将・和田氏=軍技術センター所長に就任  ブラジル海軍で初の日系人将官となった和田典明氏(58、二世)が、昨年の11月に海軍中将に昇進し、1月7日にはサンパウロ市にある海軍技術センターで所長就任式典が行われた。日系人が海軍中将になったのは、同氏が初めて。元海軍大将でボウソナロ内閣の鉱山動力大臣を勤めるベント・ […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価2018年9月27日 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価  戦後移民が最盛期を迎えた1959年、移住者受入援護のために創設されたサンパウロ日伯援護協会(旧、日本移民援護協会)は、創立以来、その時々の社会的要請に応えながら、福祉医療部門併せて12事業所を有する日系社会最大の団体に成長してきた。その財政運営を支える大黒柱が日伯友好 […]
  • 大耳小耳2018年9月14日 大耳小耳  サンパウロ州北東海岸部ウバツーバ市のアンシェッタ島のクルーズツアーが今月22日に企画されている。サンパウロ州環境保護区に指定されている同島は、かつて監獄島だったことで知られる。46年から3年間のうちに172人の日本人が収監され、そのうちの160人は、ただ単に臣道連盟幹部だった […]
  • 世代交代するサンパウロ靖国講=若い世代が中心に祭事取り仕切る2018年9月4日 世代交代するサンパウロ靖国講=若い世代が中心に祭事取り仕切る  ブラジル・サンパウロ靖国講(講元=浜口イネス晴海)による慰霊祭が1日午前、サンパウロ市リベルダーデ区の東洋会館で行われ、約60人が粛々と英霊と移民の先達に玉串を奉納した。当日ははるばるプロミッソン靖国講の中場マサ子講元も参加した。  喪中の浜口講元に代わって副講 […]