ホーム | 日系社会ニュース | ベレン=厚生ホームで夏祭り=多彩な演目で大盛況

ベレン=厚生ホームで夏祭り=多彩な演目で大盛況

【パラー州ベレン発】アマゾニア日伯援護協会傘下の厚生ホーム(工藤ファビオ昭麿担当理事)は7日夕方、アナニンデウア市にある同ホームに於いて「第2回夏祭り」(宵の夏祭り)を開催した。
 阪野真司領事(在ベレン領事)、生田勇次(汎アマゾニア日伯協会々会長)、諸石輝雄(パラー老人クラブ会長)氏ら来賓をはじめ、約500人が参加した。
 工藤担当理事の開会の辞、生田会長の挨拶の後、かいぜん太鼓グループの演奏で開幕した。パラー剣道クラブの実演、高野昭子厚生ホーム長が運営する地域生きがい教室による「菜の花体操」「君に恋してる」などの踊り、ベレンカラオケ愛好会のショー、汎アマゾニア日伯協会所属の太鼓グループ「鼓どん」の演奏、ベレン民謡クラブによる日本舞踊など、盛りだくさんのプログラムが参加者を喜ばせた。
 また、金魚すくいは子供たちの人気の的だった。最後は恒例の櫓太鼓を囲んで盆踊りで盛り上がった。(パラー州通信員 下小薗昭仁)

image_print

こちらの記事もどうぞ