ホーム | 日系社会ニュース | 准看護師遺棄事件=容疑者の中国拘束1カ月に=ブラジル送還で代理処罰か

准看護師遺棄事件=容疑者の中国拘束1カ月に=ブラジル送還で代理処罰か

 【共同】大阪市西成区の准看護師岡田里香さん(29)が遺体で見つかった事件に関与した疑いが持たれている元同級生の女(29)が、中国・上海で身柄を拘束されてから6月27日で1カ月となった。西成署捜査本部は死体遺棄容疑などで逮捕状を取り引き渡しを求めているが、女がブラジル国籍であることが壁になり、なお実現していない。
 警察庁によると、1970年以降、外国から日本に引き渡された容疑者は34人いるが、中国からは日本人1人のみ。今回のように、中国に対して外国籍の容疑者の引き渡しを求めた事例は「承知していない」という。
 昨年末時点で、国外に逃げている容疑者は798人おり、うち650人は外国人だ。大阪府警のある捜査員は「ほとんどに逃げ得を許してしまっているのが実情だ」と明かす。
 大阪府警によると、元同級生はことし4〜5月、岡田さんの遺体を東京都八王子市のトランクルームに遺棄したほか、岡田さんに成り済まして旅券を不正に取得した疑いが持たれている。
 引き渡しが実現しなければ強制退去処分となり、国籍のあるブラジルへ送還されるとの見方が強い。ブラジルは憲法で外国への自国民の引き渡しを禁じており、日本側は捜査資料を提供して処罰を求める「代理処罰」を要請する可能性がある。
 捜査本部は中国からの移送に備えて周辺捜査を続けており、ある捜査幹部は「なんとしても自分たちで容疑者を取り調べ、真相を明らかにしたい」と意気込んでいる。
 中国の司法制度に詳しい一橋大大学院の王雲海教授は「中国の裁判所が、ブラジルではなく日本への引き渡しが妥当だと判断する可能性はある。そのためには、日本に生活実態があり、重大な犯罪に関わった疑いがあると、日本側が証拠に基づき強調できるかどうかが鍵だ」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]