ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本祭りに出演するナシルさんは現在、あの「モニカと仲間たち」の作者マウリシオ・デ・ソウザさんの家にお世話になっているのだとか。何でも、日本で知り合った友人がソウザさんの親戚で、紹介してくれたという。「プールやメイドさんもいる大きな家で驚いた。ソウザさんも紳士で優しい」と思わぬ出会いに感謝していた。
     ◎
 岩手県人会が母県への広報活動を展開中。地元紙「岩手日報」で同会の千田曠曉会長はじめ、多田マウロ副会長らが、『ブラジル県人会発 サッカーW杯便り』を交代で寄稿している。サンパウロ市での邦人受け入れ態勢や、ソロカバ市での公開練習、サンパウロ市内での観戦イベントをレポート。日曜掲載の全6回で、29日に4回目まで終了した。千田会長は地元ラジオ番組にも出演するなど活躍。岩手県人会はW杯を契機に、母県との関係を深めたよう。
     ◎
 ヘンリー&パートナーズ社が世界219カ国・地域のうち、「どの国のパスポートが最も強力か」というユニークな調査を行った。ビザなし入国が出来る国数を調査したもので、一位は173カ国にアクセスできるフィンランド、英国、スイスの3カ国。2位はドイツ、デンマークなど4カ国がランクイン。日本は4位で170カ国。よく見ると上位の国はほぼ先進国で、パスポートの力は世界からの信頼度の賜物だと実感する。ちなみにブラジルはブルネイと並んで19位、国数にして146カ国。多いと思うか少ないと思うかは、あなた次第。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催2017年12月6日 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人 […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 大耳小耳2014年7月4日 大耳小耳  日本祭りの準備で聞こえてくるのは、金曜のサッカーW杯への不安。準々決勝が行なわれ、午後5時からはブラジル代表も試合を行なう。「昨年よりも金曜の販売量を減らしたわ」といった弱気な構えもあったが、その時間帯にどれだけの来場があるか。日本祭りの会場で試合観戦しようという判断もあ […]