ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | カンタレイラ=次の雨季頼みでも苦しい?=75%の可能性でほぼ空に=「未開の水域」でも足らず=給水制限回避費用も高く
水位が19・4%まで落ちたカンタレイラ水系(Vagner Campos/ A2 FOTOGRAFIA)
水位が19・4%まで落ちたカンタレイラ水系(Vagner Campos/ A2 FOTOGRAFIA)

カンタレイラ=次の雨季頼みでも苦しい?=75%の可能性でほぼ空に=「未開の水域」でも足らず=給水制限回避費用も高く

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 9日の記者会見の模様(Roberto Stuckert Filho/PR)2015年6月10日 新ろ過装置は期待はずれ?=予定の32%しか生産増えず=無入札の設置業者選定に疑問も  聖州での水危機が深刻化した昨年、浄水の生産量を拡大するため、2650万レアルで緊急契約され、サンベルナルド・ト・カンポ市にあるリオ・グランデ水系(SRG)の浄水場(ETA)に設置されたろ過装置の性能が、昨年9月に聖州水道公社(Sabesp)が公表していた、「毎秒の浄水生産 […]
  • ビリングスからの送水開始=取水用ポンプは天然ガスで2015年10月2日 ビリングスからの送水開始=取水用ポンプは天然ガスで  聖州で水危機が叫ばれ始めてから1年半後の9月30日、リオ・グランデ水系のビリングス湖からアウト・チエテ水系のタイアスペバ貯水池への送水が始まったと1日付エスタード紙が報じた。 ビリングス湖からの送水量は毎秒4千リットルで、高密度ポリエチレンの管2本を経て、タイアスペバ―ミリン […]
  • デング熱などを予防するための対策強化について語るハダジ市長(César Ogata/SECOM)2015年2月14日 聖市=デング熱対策を強化=渇水危機と暑さの副産物=水不足の地域で蔓延の皮肉  【既報関連】聖市保健局が12日、1月に確認されたデング熱患者は220人で、81人だった昨年より171%増え、水不足が深刻な北部に発生率が高い地区が多いと発表したと13日付伯字紙が報じた。デング熱が原因と思われる死者も1人いる他、感染が疑われる患者も、昨年の2倍弱の1368 […]
  • 15.24%の水道代調整を認められたSabesp(Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)2015年5月6日 Sabesp=水道代15%値上がりへ=全国のダム貯水量にも不安  カンタレイラ水系を中心に14年から水危機が叫ばれる中、聖州水道公社(Sabesp)に水道代を15・24%調整する許可が下りたと5日付伯字紙が報じた。 大聖市圏やカンピーナス地方の給水源であるカンタレイラの水危機は、同公社に、節水やボーナス(割引)による減収、〃未開の水域〃 […]
  • 水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)2015年2月4日 水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用  南東伯中心に水や電力の供給不安が広がる中、水や電力の供給制限が行われれば、今年の国内総生産(GDP)は2%程度落ちるとの見解も発表されたと1日付エスタード紙などが報じている。 クレジット・スイッセ銀行は、電力供給が制限された時のGDPは1・5%、水の供給制限も重なればGD […]