ホーム | 日系社会ニュース | W杯=セルジオ越後氏が辛口提言=日本敗因に文化的背景指摘=(下)=アイドル作ったマスコミ=JFA批判できないメディア
失意の中、成田空港に到着するアルベルト・ザッケローニ監督(手前から2人目)ら日本代表。到着ロビーはなぜか大きな歓声に包まれた(共同)
失意の中、成田空港に到着するアルベルト・ザッケローニ監督(手前から2人目)ら日本代表。到着ロビーはなぜか大きな歓声に包まれた(共同)

W杯=セルジオ越後氏が辛口提言=日本敗因に文化的背景指摘=(下)=アイドル作ったマスコミ=JFA批判できないメディア

 惨敗の中でも評価できる点はなかったのか――。越後さんは「興行的には成功したね」と皮肉たっぷりだ。「マスコミがアイドルを作り、実力もない者が人気者になった。商売繁盛でも強くはならないよね。合宿地と試合会場に気温差があろうが、食生活や環境に違いがあろうが、実力があれば乗り越えられた」と調整不足による惨敗説を一蹴した。
 戦術に関しては、「どの競技も、弱者は守るのが基本。ない力を信じて攻めたのがこの結果」と攻撃偏重の陣形に疑問をぶつける。「スター気分のMF本田圭佑らが『優勝狙う』と公言したが、結局このザマ。マスコミは一切責任追求しないし、世間からも厳しい声が挙がらなかった。いまだに選手のコマーシャルが流れているなんて、ブラジルではあり得ないよ」と差異を挙げた。
 そんな世間の甘さを露呈したのが、成田空港での温かい出迎えだと指摘する。敗戦にうつむく日本代表メンバーの帰国を待っていたのは、なんと約千人もの歓迎ファンだった。「あれは〃芸能人〃を見たくて集まっただけ。人気者を作るのが本当に上手いよね」と語る表情には、半ばあきらめも見られた。
 「マスコミは月末清算のため、すぐ売り上げが伸びる話題を取り上げたくて仕方がない。売上重視で紙面を作る環境にジレンマもあるだろう」との理解も見せつつも、大事な大会の総括より、新監督の話題や次のアイドル作りに走ってしまう日本のメディアの体質に疑問を投げかけた。
 日本のメディアがJFAを批判できない傾向に関し、「『協会から嫌われたらのけ者にされる』(協会から取材証を出してもらえない)と恐れ、全く批判できない。本来は逆。マスコミこそが恐れられる立場のはず」と両者の関係を危惧した。
 その上、JFAの体質として「負けた責任がある役員は現職のまま。経営不振でも処分のない企業があるだろうか」との点にも言及した。
 世間の風潮にもズバリと切り込んだ。「今話題の汚職議員(野々村竜太郎兵庫県議)は、批判すべき対象なのに人気者になってしまった。テレビ局が面白半分に扱い、視聴者も楽しんでいる。号泣会見は外国からバカにされているよ。そんな社会が『W杯で勝つためにこれからどうするか』『世界に近づくためにどうすべきか』なんて考えても、簡単には答えはでないよ」と吐きすてるように語った。
 越後さんは「W杯で観戦者やマスコミが現地の外国文化に触れれば、様々な違いがあると気付くきっかけになり得る」と期待する。まずはサッカーが強い国との文化の違いに日本社会が気付き、それを社会の意識変革にまで広げ、最終的にスポーツ振興する―という道筋のようだ。その先にあるのが18年ロシアW杯だ。(終わり、小倉祐貴記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • ブラジル大統領訪日中止=13年に続き、政治混乱=両国関係に水2015年12月1日 ブラジル大統領訪日中止=13年に続き、政治混乱=両国関係に水  【既報関連=リオ共同】ブラジルのルセフ大統領は12月2~4日に予定していた訪日の中止を決めた。在ブラジル日本大使館が27日明らかにした。大規模汚職や経済低迷などによる政治的混乱が背景にあり、ルセフ氏は内政問題への対処を優先する。 ルセフ氏は2013年6月にも訪日する予定だった […]
  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]