樹海

 旅行先で美味しい店は、タクシーの運転手に聞くのが常道だ。会話自体も面白く、思いがけないことを知ったりもする。最近はネットが便利だが、天邪鬼のコラム子はいまだにそうしている。もう一つの余得は、あまりたいしたことはなくとも、「何故、この店を紹介したのだろう?」と逞しくさせた想像の調味料で味をごまかすこともできる▼リベルダーデもある意味、地元になってしまっている。自分がそうは思っていなくても、この地区を訪れる人にとってはそうだ。時折話しかけられ、「どこの寿司が美味しい?」と聞かれることがある。冗談で「日本に行った方がいいよ」と答えたりもするが、最近はポルキロの店を教えることにしている。ブラジル人にとっては中華もあるし、盛りだくさんで見た目にも満足するのではないか▼問題なのは外国人だ。アメリカやヨーロッパだと結構美味しい日本食を食べているのだろうから、変なところは教えられない。これも地元意識なのだろうか。ただ、予算を聞くと大概ポルキロに落ち着く。そもそもあまり寿司を食べないから、店を知らないのが実際なのだが▼最近、日本から来て数カ月の本紙研修生が同じ目に遭遇した。白人の五人組に英語で声を掛けられ店を聞かれた。ただ、警戒しているのか「すぐ近くで」という条件だったので目に入った知りもしない店を薦めたのはいいのだが、編集部に戻ってから「あの店でよかったのだろうか…」と悩んでいた。リベルダーデを知らないながらも、日本人特有の「おもてなし精神」ゆえか。彼らが「何故この店を…」と首をひねっているかどうかは知らないが。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]