ホーム | コラム | 樹海 | 訓練で周囲の人の目を変える

訓練で周囲の人の目を変える

 通勤途中の地下鉄の中で電話を受けた。ポ語でやり取りする中、すぐ傍でこちらの言葉尻をとらえてと思われる会話と笑い声が聞こえた▼ブラジルに長く住んでいても、LとRの区別が甘いといった発音の癖が笑いの種にされる事はままある。しゃくにさわり、笑っていた理由を聞き、「あんた達だって日本に行って完全な日本語を話せと言われたら話せないくせに」と言おうかとも思ったが、ある報道を思い出して止めた。先日見た「パラリンピックの選手達に関するビデオがカンヌ・ライオンズと呼ばれる世界最大級の広告賞で『銅のライオン』2個を受賞」というものだ▼銅賞受賞作は、3選手が一般のジムを突然訪問した時の映像を撮っている。子供位の身長しかない重量挙げ選手は、両側に60キロずつの重りをつけたバーベルを軽々と上下させる。片足が義足の陸上選手は、ベルト式の走行機でどんどんと速度を上げて新記録を樹立する。盲目の女子柔道選手は並み居る選手を次々に倒し、最初はケガでもさせたらなどと考えて二の足を踏んだ選手達に、「あいつには勝てそうもない」という意味で二の足を踏ませるようになった▼表彰されたビデオの題は『意見を変えたトレーニング』だ。リオ五輪関連で製作されたTVエスコーラの「トランスフォルマ・ノ・アル」という番組の一つでも、違いを認める事と、一つの面で能力が制限されていても他の面の能力はずっと優れている人がいる事を認める事の大切さを説いていた▼「他人のミスを笑いの種にするならしろ。私だってあんた達が真似も出来ない事が出来るんだから」と言える位のものを身に付けたいと改めて思った朝だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか2016年8月26日 なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか  「もしボクシングがなければ、俺は生きていなかった。サルバドールには死と暴力が溢れている。俺はかつて暴力的だったし、ケンカっぱやかった。ボクシングがなければ、俺の人生はまったく違っていた。たくさんの人は『ボクシングは暴力的だ』というけど、それは違う。ボクシングを知る前、俺は本当 […]
  • 負けた時ほど慰めと励ましを2016年8月25日 負けた時ほど慰めと励ましを  リオ五輪でのブラジルは、12種目で金7、銀6、銅6という過去最高の結果を残した。だが、ブラジル五輪委員会は、バレーは頑張ったが、柔道や水泳は期待外れと評価した。五輪委員会は27~8個のメダルを望んでいたから、19個では不満だ▼棒高跳びのチアーゴ・ブラスが金を獲った翌日、あっけ […]
  • 「国の春ファベラ育ちの金メダル」2016年8月19日 「国の春ファベラ育ちの金メダル」  《国の春ファベラ育ちの金メダル》―14日にサンパウロ市文協が主催した「全伯俳句大会」では、当日出される席題として「リオ五輪」と「春季一切」が出され、冒頭の様な句を詠んだ鈴木文子さんが1位になった。麻薬密売人がうようよするシダーデ・デ・デウス出身の乱暴者が、柔道との出会いによっ […]
  • ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある2016年8月13日 ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある  《黒人女性、貧困、リオ五輪初の金メダル、ブラジルの顔》―スペイン「エル・パイス」紙ポ語版10日付電子版はそう報じた。柔道家ラファエラ・シルヴァの金メダルはブラジルのものだが、実は日本の〃勝利〃でもある。日本の日本人にも心から喜んでほしい▼彼女はリオ市郊外の巨大貧民街「シダーデ […]
  • 記事に見る明るい言葉2015年12月5日 記事に見る明るい言葉  「1万部まで部数を伸ばしたい」。ミュンヘン五輪でブラジル柔道界初のメダリストとなった石井千秋さんの『ブラジル柔道のパイオニア』のポ語版出版会で関係者。これだけ柔道が盛んな国だけに、決して難しくはないだろう。リオ五輪も控え、メダルが期待されるジャンルだけに、戦後移民の活躍を多く […]