ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 フェルナンド・ハダジ聖市市長の市政に関しての世論調査(ダッタフォーリャ)の結果が18日に発表された。市長就任1年半後の聖市民の評価で、「よい」はわずか15%しかなく「普通」は37%、そして「悪い」は同市政過去最高の47%を記録した。これは聖市市長就任1年半後の数字としては、ジャニオ・クアドロス氏(87年)が記録した66%、セウソ・ピッタ氏(98年)が記録した54%に続き、過去8人の聖市市長の中で3番目に悪い数字となった。18日、ハダジ氏の後見人であるルーラ元大統領は同氏の市政について「良いことも行なっているが、市民にもっと説明をするべきだ」と語った。
     ◎
 ミナス・ジェライス州イパチンガに、97歳にして大学法学部の卒業を控えている女性がいると話題だ。シャメス・サレス・ロリンさんは92歳のときに思い立って法学を志し、5年のあいだ「いつも教室には最初に着いていた」という熱心さで勉強に取り組んだという。来月8日には98歳になるというが、その際には28人の孫と16人のひ孫と祝う予定だ。夫とは17年前に死別したというが、草葉の陰で喜んでいることだろう。
     ◎
 イタリアで行なわれていたバレーボール・ワールドリーグ男子の部で、伯国代表は決勝まで進んだが、20日に行なわれた決勝で米国にセット・カウント1―3で敗退し4年ぶりとなる優勝を逃した。この大会、序盤は負けが込み不調だったが徐々に調子を上げ、準決勝では開催国イタリアに圧勝するなどしていたが一歩届かなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年11月5日 東西南北  本日報じた、3日に行われた最高裁での大統領の代行権所有者の処遇に関する判事投票の際、最高裁の外では、レナン・カリェイロス上院議長に対する抗議運動が行われた。中でも注目されたのは、囚人服を着たレナン議長の巨大なインフレータブル(空気)人形で、最高裁の屋上がへその部分にあたるとい […]
  • 東西南北2016年7月19日 東西南北  本日付の記事にもあるように、経済見通しの好転を背景に、国民の半分がミシェル・テメル大統領代行の続投を望んでいることが明らかになった。奇しくもテメル政権で財相をつとめているエンリケ・メイレレス氏は、ルーラ元大統領がかねてからジウマ大統領に起用を薦めていたにも関わらず、ジウマ氏が […]
  • 東西南北2016年9月16日 東西南北  ルーラ元大統領が連邦検察庁から起訴されたニュースは世界中に打電され、大きな衝撃を呼んでいる。ジウマ前大統領の罷免が決まった際、左翼政権の国々の首脳はこれを「クーデター」と呼んで批判したが、今回の件が起こっても、「左翼政党が罠にはめられている」として批判し続けるのだろうか。いず […]
  • 東西南北2016年1月5日 東西南北  ラヴァ・ジャットを中心として、昨年は政治汚職に関する話題が連日のように伯字紙の紙面をにぎわせていたものだが、今年も早速、「クーニャ下院議長が提出した港湾法の修正案が、テメル副大統領の選挙キャンペーンの献金先に有利になるようになっていた」であるとか、「オデブレヒト社社長と幹部が […]
  • 東西南北2016年4月30日 東西南北  フェルナンド・ハダジ聖市長は、聖市議会が5月3日までに〃Uber法案〃(29日付本面3段記事参照)を採決しなかった場合、行政命令を出す可能性を示唆した。同法案に反対するタクシー運転手ら5千人が聖市議会を取り囲んだ27日、反対派の市会議員たちがその日の採決を無期延期させたが、ハ […]