ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長の市政に関しての世論調査(ダッタフォーリャ)の結果が18日に発表された。市長就任1年半後のサンパウロ市民の評価で、「よい」はわずか15%しかなく「普通」は37%、そして「悪い」は同市政過去最高の47%を記録した。これはサンパウロ市市長就任1年半後の数字としては、ジャニオ・クアドロス氏(87年)が記録した66%、セウソ・ピッタ氏(98年)が記録した54%に続き、過去8人のサンパウロ市市長の中で3番目に悪い数字となった。18日、ハダジ氏の後見人であるルーラ元大統領は同氏の市政について「良いことも行なっているが、市民にもっと説明をするべきだ」と語った。
     ◎
 ミナス・ジェライス州イパチンガに、97歳にして大学法学部の卒業を控えている女性がいると話題だ。シャメス・サレス・ロリンさんは92歳のときに思い立って法学を志し、5年のあいだ「いつも教室には最初に着いていた」という熱心さで勉強に取り組んだという。来月8日には98歳になるというが、その際には28人の孫と16人のひ孫と祝う予定だ。夫とは17年前に死別したというが、草葉の陰で喜んでいることだろう。
     ◎
 イタリアで行なわれていたバレーボール・ワールドリーグ男子の部で、ブラジル代表は決勝まで進んだが、20日に行なわれた決勝で米国にセット・カウント1―3で敗退し4年ぶりとなる優勝を逃した。この大会、序盤は負けが込み不調だったが徐々に調子を上げ、準決勝では開催国イタリアに圧勝するなどしていたが一歩届かなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》PT政権元閣僚のパロッシに減刑判決=大統領選直前の暴露で話題に2018年11月30日 《ブラジル》PT政権元閣僚のパロッシに減刑判決=大統領選直前の暴露で話題に  リオ・グランデ・ド・スル州の連邦第4地域裁(TRF4)は28日、ルーラ、ジウマ政権の重要閣僚で、収賄罪などで服役中のアントニオ・パロッシ氏(元労働者党・PT)に対し、報奨付供述の有効性を認め、禁固刑を自宅軟禁に切り替える判断を下した。29日付現地紙が報じている。  この裁判 […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「ブラジルの“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義 […]
  • 法治民主制の枠組内で改革を=穏健な政権への成熟に期待=ポルト・アレグレ在住 杉村士朗2018年11月7日 法治民主制の枠組内で改革を=穏健な政権への成熟に期待=ポルト・アレグレ在住 杉村士朗  10月28日、大統領選挙決選投票が行なわれ、保守派ボルソナロ候補者が時期大統領に選ばれた。  13年間にわたるPT(労働者党)政権の腐敗と欺瞞に国民は怒り、軍政賛美など過激な発言をする未知数の元軍人候補者に変革を信託した。  10月7日、第1回投票でPTハダジ候補 […]
  • PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著2018年11月7日 PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著  PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も […]
  • 「引き受けるべきじゃなかった」=「イタリアのラヴァ・ジャット」関係者がモロ判事の法相就任に警鐘2018年11月6日 「引き受けるべきじゃなかった」=「イタリアのラヴァ・ジャット」関係者がモロ判事の法相就任に警鐘  ブラジル最大の汚職捜査「ラヴァ・ジャット作戦」での活躍で国中の評価を獲得しながらも、極右のボルソナロ新政権での法相就任で評価が二分されてしまったセルジオ・モロ連邦地裁判事。そんな中、「イタリアのラヴァ・ジャット」と呼ばれた汚職捜査を担当した判事のひとりが、モロ氏に警鐘 […]