樹海

 先週末のバストス卵祭りで、鶏卵選別包装システムメーカー「ナベル」(本社=京都市)が唯一の日本企業として商品を売り込んでいた。税抜きで1億数千万円と高額だが、「それでも日本製がいい」と購入する養鶏家があるとか。「世界の養鶏家にうちの製品を」とトップメーカーの鼻息は荒い▼伯国の鶏卵生産量は約2千トンで世界7位(総務省統計局データ)だが、人口の多さに加え、一人当たりの消費量の延びを期待できる有望市場だ。日本製品の品質の良さは周知の事実、問題は安い国産メーカーがある中でどう売り込むかだ。南部幸男専務取締役が「卵が割れていたら困るなと、消費者がようやく気付いてきた所」と語るように、意識が未成熟な部分もある▼せっかくの日本企業の進出とあって、編集部でも「生卵が気軽に食べられたらなあ」と話題になった。醤油でシンプルに頂く「卵かけご飯」は、新鮮な卵ならでは。当地ではセアザや輸送業者がストを起こした時などは特に、鮮度が不安定になる▼卵の生食は世界でも珍しい食習慣と聞くが、日本料理としては一般的な使い方だ。日本に生食が根付いたのは、行き届いた衛生管理の賜物だろう。それを支える一端がナベルのようなメーカーだ▼日本の国土の22・5倍もある当地では搬送に時間もかかり、鮮度を保つのは容易ではない。しかし日本食文化の一環として生食の利点を宣伝し、生食可能な商品を売り出せば、日本食が盛んな伯国で生卵文化が受け入れられる可能性はある。それも、消費者の意識をどれだけ変えられるか次第。多様な日本食文化を押し広げる日本メーカーの躍進に期待したい。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]