ホーム | コラム | 樹海 | 祖父岸総理に匹敵する日伯振興を

祖父岸総理に匹敵する日伯振興を

 1959年7月24日午前8時、岸信介総理がリオに到着した。JK大統領を訪ね、前年の三笠宮ご夫妻訪伯の際の厚意に御礼を言うと、大統領はカフェジンニョを勧め、「日本でのコーヒー普及ぶりは? ぜひ日本国民に愛飲していただきたい」と尋ねた。総理は「残念ながらお茶の方が盛んですが、私のようなコーヒー党が追々に増えることでしょう」などと和やかに会見した(日毎紙同25日付)▼同27日午前10時、岸総理は最初の日本人街コンデに姿を現し、随行の日系政治家から予定にない挨拶を依頼された。『岸信介の回想』(文藝春秋、81年)の中で本人が回想し、「そこについたら大歓迎だ。日本の国旗を掲げて、街頭を埋めつくしているのだ。(中略)ミカン箱をならべて、その上に立って~」(402頁)と演説の様子を嬉しそうに語っている。現役首相がコンデ街でミカン箱の上にのって演説した▼文協ビルは建設前であり、イビラプエラ日本館で歓迎会をした。岸総理は「皆さんと会っていると今初めて会ったようには感ぜずに、久しく会わなかった身内の者に会ったような親しみを感じ、このように歓迎されると目頭が熱くなる」(日毎紙同28日付)と挨拶した▼記者会見で総理は「日伯の友好関係を深めるためにぜひ力を入れたいと考えているのが経済問題である。ミナス製鉄所はその一つで、これは日本移民に寄せられた温かい厚意に対するいささかの御礼をふくめたもの~」(同)とある。そして61年3月、ウジミナス高炉起工式が挙行された▼その孫、安倍総理が55年後の本日、首都を訪れる。ぜひ祖父に匹敵する日伯関係振興を期待したい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]