ホーム | 日系社会ニュース | 1959年7月27日、サンパウロ市日本館での歓迎会で=祖父・岸信介首相の挨拶要旨=「身内に会った親しみを感じる」

1959年7月27日、サンパウロ市日本館での歓迎会で=祖父・岸信介首相の挨拶要旨=「身内に会った親しみを感じる」

 【59年7月28日付日毎紙】熱烈な歓迎に感謝します。色々と歓迎の言葉にあったように皆さんの日に焼けた顔には、言葉も通ぜず風俗習慣の異なったブラジルで風土病と戦いながら開拓の苦労をして今日の繁栄を築いた辛苦が伺える。またそのシワには移民50年の苦労と努力の跡が刻まれている。
 けれどもその苦労を基礎として二世・三世は、連邦代議士や州代議士、市議員など多数出て、政治、社会、文化、経済方面に貢献している有様をみると心強いものを感じる。
 皆さんと会っていると初めて会ったようには感ぜずに、久しく会わなかった身内の者に会ったような親しみを感じ、このように歓迎されると目頭が熱くなる。
 ブラジルの朝野の人々に会ったが、等しく日本移民の誠実とブラジルの発展に貢献していることを賞賛していた。これはお世辞ではなく民族の優秀なのを云っている今回の旅行でイタリア・フランス諸国を廻ってみて東洋の日本に期待しているものが大きいのを見てもわかる。
 いま日本は終戦後の欠乏から国力を回復し戦前の数倍となったが、これは民族の優秀性と忍耐強さを物語るもので、皆さんも誇りを持ってやり、元気で繁栄してください。


1985年10月1日、サンパウロ市協栄サロンの歓迎会で=父・安倍晋太郎外相の挨拶=「日伯交流の鎹は日系社会」

コロニア歓迎会で挨拶する安倍外相(85年10月2日付パ紙)

コロニア歓迎会で挨拶する安倍外相(85年10月2日付パ紙)

 【85年10月2日付パ紙】家内の父・岸元総理が初来伯。先輩の福田元総理が大統領の就任式に来伯。同じ選挙区で大先輩の田中竜夫先生がブラジルにきている。わたしに近い人がみんなブラジルに関心がある。ブラジルに来ることはわたしの念願だったが、大臣になって実現できて感激している。
 サルネイ大統領とセツバル外相に会い、忌憚の無い話し合いができ実りが多かった。益々、強い絆があると確信した。また、日系人の活躍ぶりと努力について、ブラジル要人に感謝され、日本人として心から誇りに思った。日本人たちがブラジル人として努力している姿は日伯友好の象徴であると感じている。
 日伯合併のセラード開発開始のとき、わたしは農業大臣として日本側の責任者だった。日伯間はプロジェクトを続々生み出しているが経済のみならず人的、文化の交流の深まるなかで、日伯交流の“鎹(かすがい)”になっているのは、日系社会のみなさんだ。日本国民を代表し心からお礼を申し上げる。
 戦後日本は40年。アメリカに次ぐ大国になった。外務大臣就任中、三十三回も外国に出張した。それだけ世界で日本は重要な立場になった。発言力も重くなり、平行して国際的な責任も重くなった。自由貿易体制のおかげで世界の発展があった。日本も世界へ貢献しなければならないが、開発途上国へ7年間に4百億ドル以上の援助を約束、7年後には倍増する考えである。
 アジアでは日本、南米ではブラジルと影響を与えている。世界経済の発展のための協力はセツバル外務大臣と合意。ブラジルの借款、債務問題については解決のための協力を約束した。


安倍総理の秘書時代に

85年10月1日、秘書時代の安倍総理(中央)と山口県人会の皆さんがシーザーパークホテルで懇談会をしたときの写真

85年10月1日、秘書時代の安倍総理(中央)と山口県人会の皆さんがシーザーパークホテルで懇談会をしたときの写真

 85年の安倍晋太郎外務大臣来聖の際、山口県人会(当時・河添清会長)はサンパウロ市内のシーザーパークホテルサロンで歓迎会を行い、県人会員118人が祝った。当時31歳の安倍晋三氏も秘書として随行していた。
 会に出席した西村武人県人会顧問(74、山口)は、「晋太郎さんは、日本の新リーダーとして輝いていた」と当時を振り返り、晋三氏については「決して目立たず、常に後ろに控えていらした」という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》2018年6月13日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》 「県の駐在員を置くこと」  県人会を「母県の出先機関」と位置付けることを提案しておられるコロニアの方もおられる。このアイデアは、コストもそれほどかからず現実的で実現可能である。  なぜなら、①ブラジルには県などの補助金を得て県人会館を設置している県が30県以上あ […]
  • ■訃報■山田充伸さん2018年3月16日 ■訃報■山田充伸さん  コチア青年連絡協議会、岐阜県人会、ブラジル倫理の会などで会長職を歴任した山田充伸さんが、癌のため先月19日に亡くなった。享年82。  山田さんは1936年11月23日に岐阜県郡上郡八幡町で生まれ、戦後58年にコチア青年の第1次14回生として渡伯した。ミナス州ピラポーラ団地に […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ2015年9月29日 コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ  編纂中のコチア青年移住60周年記念誌に対し、安倍晋三内閣総理大臣、岸田文雄 外務大臣、林芳正農林水産大臣から祝辞が寄せられた。60周年記念特集に際して、コチア青年の存在がいかに広く認識され、祝われているかを示す証左としてこれを掲載する。未来へ継承される不屈の精神―共に歩む―安 […]