ホーム | 日系社会ニュース | あいさつから掃除まで…=日本の習慣伝えたい=30年続く講習会、今年も=修養団

あいさつから掃除まで…=日本の習慣伝えたい=30年続く講習会、今年も=修養団

2006年1月10日(火)

 ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)の二〇〇六年度講習会が、来月にかけて実施される。少年少女を対象にした合宿を通じて基本的な生活習慣を学ぶもので、サンパウロ、パラナの各地で開かれる。
 実施にあたり日本の(財)修養団から、講師の根岸秋吉・教育事業部担当部長が来伯。桜井会長、蓮沼芙美雄総務と本紙を訪れた。
 修養団は一九〇六年、東京府師範学校の学生だった故・蓮沼門三氏を中心に創立された、文部科学省所管の社会教育団体。「愛と汗」をモットーに青少年の教育活動を行なっているほか、途上国支援、福祉活動などにも取り組んでいる。 日本国内の正会員は現在約三万人。昨年十二月には東京で、天皇皇后両陛下も出席して、創立百周年式典が行なわれた。
 ブラジルにおける修養団運動は蓮沼氏の弟、信一さん(故人)によって始まった。現在は約三百人の正会員を中心に青少年育成の講習会、講演会などを実施している。現総務の蓮沼さんは信一さんの息子で、創立者のおいにあたる。
 講習会は各地で実施する二泊三日の合宿を通じてあいさつや掃除といった基本的な生活習慣を学ぶほか、レクリエーションなどを行なうもので、三十年以上にわたって続いている。
 今年は六日からモジ市で、その後はスザノ(十五日)、アサイ(十七日)、マリンガ(二十日)、マウア(二十七日)など州内外の各地で実施する予定だ。
 このほかにもロンドリーナで汎パラナ・リーダー研修を、プロミッソン、アラサツーバ、アリアンサなどで講演会を開催する。
 根岸さんが最初に講師として来伯したのは十三年前。「当時は日本語が分かる子供がいましたが、だんだんむずかしくなっていますね」と現状を説明する。
 「ブラジルは各国移民の文化が融合して新しい文化を作っていくところ。日系の方たちにも日本の文化を大切にしてほしい」と語る根岸さん。
 「例えば『おかげさま』という感謝の気持ちや『もったいない』という感覚など、講習会を通じて、日本の素晴らしい文化を日系だけでなくブラジル人に伝えたい」と語った。
 講習会等に関する問い合わせは、電話(11)3813・7976(蓮沼)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?2020年11月26日 サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?  新型コロナウイルスに対する予防接種ワクチンの有効性に関する報告が続き、ワクチンの実用化への期待が高まった事や米国大統領選の票の数え直しでバイデン氏の勝利がより確実になって来た事などで、サンパウロ証券市場(B3)の指数が連日上昇し、11万ポイントを超えた。  24日の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる2020年11月26日 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる  新型コロナウイルスの感染拡大傾向が強まり、英国のインペリアル・カレッジが算出する「実効再生産数(Rt)」が1・30に戻ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  感染症流行下(感染拡大抑制努力を実施中または抗体を持つ人が既にいる状態)で1人の患者が直接感染させ得 […]
  • 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突2020年11月26日 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突  サンパウロ州内陸部の高速道でトラックとバスが衝突事故を起こし、41人が死亡した。州内高速道の事故としては今年最多の死者を出す大惨事となった。25日付伯字紙が報じている。  事故が発生したのは25日午前6時50分頃、タグアイーとタクアリトゥーバの間にあるアヴァレー付近 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]