ホーム | 日系社会ニュース | 首相=大使公邸で200人と懇談=テーブル回り握手交わす

首相=大使公邸で200人と懇談=テーブル回り握手交わす

 首都ブラジリアの日本国大使公邸で、安倍首相と地元日系社会の代表者ら約200人と懇談する場が1日午後4時から30分間ほど設けられた。首相の入場にあわせ、7月の全伯太鼓選手権大会のジュニア部門で初優勝を飾った光太鼓が演奏をした。
 当日は、ブラジリア日系老人クラブの高橋実(みのる、90、北海道)会長が代表して「遠路はるばる、ようこそいらっしゃいました。心より歓迎申し上げます。日本は地理的には一番遠い国だが、私たちは一日たりとも忘れたことはない」と語り、「我々日系人には、日本人の誇りを引き継いだ若者を育てる責任がある。その使命を果たす所存です」と挨拶した。
 高橋さんは親に連れられ4歳で移住した。「父親に毎晩、日本語を教えてもらっただけ。無学な私が首相の前で挨拶する日が来るとは思わなかった」と本紙の電話取材に感無量の様子で語った。同クラブは12年に全国老人クラブ連合会(本部=東京都)の50周年記念全国大会で活動を表彰されたばかり。
 安倍首相は、来年の日伯外交樹立120周年に向けた意気込みなどを語った。
 その後、ブラジル中西部日伯協会連合会(FEANBRA)の安永邦義会長が「首相の力強く、温かいお言葉に心から感謝申し上げます」と歓迎の意を述べ、「カンパイ、ヴィーヴァ!」と音頭を取った。首相は各テーブルを回って一人一人と握手をし、記念撮影に応じた。
 首相は父親の安倍晋太郎元外相が1985年にブラジリアを訪問した際に植樹した木を視察し、その隣にイペーの木の記念植樹を行った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]
  • 1日午前、安倍首相を首都ブラジリアの大統領府に迎え入れ、入口で固い握手を交わすジウマ大統領(Foto: Roberto Stuckert)2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】「中南米との新たな夜明け」=〃地球儀を俯瞰する外交〃=重要パートナーに=日伯外交樹立120周年に向け  安倍晋三首相夫妻は中南米5カ国歴訪の最終訪問国ブラジルに1日到着し、まず首都ブラジリアでジウマ大統領と首脳会談と、「日伯戦略的経済パートナーシップ賢人会議」等に参加し、2日にはサンパウロ市を訪れて日系人向けの講演や懇談会を含めた過密な日程をこなして帰路についた。首相はこの […]
  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 大耳小耳2014年8月16日 大耳小耳  部長会シンポの案内に訪れた商議所の二人は、今冬のW杯について「恩恵は部会によってかなり差がある。試合に合わせ操業を停止するなど、冷え込んだ業種の方が多いのでは」と漏らす。また安倍晋三首相来伯では、日本経済界から200人以上を集めてセミナーを行なったが、平田事務局長によれば […]