樹海

 日本発祥の新興宗教「生長の家」が、日本をしのぐ勢いで当地の信者を増やしている。日本の一新興宗教がなぜ、とかねがね疑問に思っていたが、先日取材で訪れた「特別講演会」で教えに触れ、少し腑に落ちた▼生長の家の特徴の一つは「全ての宗教の真理は同一」と説く点にある。だからキリスト教徒であれイスラム教徒であれ、同団体の活動に参加するのに信仰を捨てる必要はない。まるで移民大国ブラジルのように、全てを飲み込む一種の懐の深さがある▼また、その教えは一見仏教的だが、実は当地で盛んな心霊主義(スピリチュアリズム)とよく似ている。心霊主義は古代から連綿と続いてきた「霊魂の不滅」を研究する思想だ。それによると、人間は死んで消滅するのではなく、輪廻転生を繰り返しながら魂を磨く。ブラジルでは、霊媒を介して死者と交流する交霊会を記録・研究したことで心霊主義の創始者と仰がれる、19世紀の哲学者アラン・カルデック(仏人)が広く支持されている▼当地には「良いと思うものは何でもやる」と、いくつもの宗教団体に顔を出す人が少なくない。多人種・多文化を地で生きる彼らにとって、信仰すらも唯一絶対のものではないかのようだ。幸せになることが人間の究極の目的なら、宗派の違いから争って、どちらが「本物の神」と戦うよりも、当地式に各宗教の〃いいとこ取り〃をして幸福になる方が実は賢明かも▼現状はともあれ、あらゆる異質なものが共存共栄するブラジルには平和的な〃土壌〃がある。特別講演会で谷口総裁が「世界平和をブラジルから―」と呼びかけたのも、少しばかりうなずける。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロの新党、いつできる?2020年7月17日 ボウソナロの新党、いつできる? 「ところでボウソナロの新党はいつできるの?」。熱狂的な人気と同じかそれ以上に強いボウソナロ大統領のアンチたちの間では、いろんなからかいネタがあるものだが、この「新党がいつまでたっても出来ない」のも、そのひとつだ。  昨年11月、ボウソナロ大統領が社会自由党(PSL)離 […]
  • 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]