樹海

 日本発祥の新興宗教「生長の家」が、日本をしのぐ勢いで当地の信者を増やしている。日本の一新興宗教がなぜ、とかねがね疑問に思っていたが、先日取材で訪れた「特別講演会」で教えに触れ、少し腑に落ちた▼生長の家の特徴の一つは「全ての宗教の真理は同一」と説く点にある。だからキリスト教徒であれイスラム教徒であれ、同団体の活動に参加するのに信仰を捨てる必要はない。まるで移民大国ブラジルのように、全てを飲み込む一種の懐の深さがある▼また、その教えは一見仏教的だが、実は当地で盛んな心霊主義(スピリチュアリズム)とよく似ている。心霊主義は古代から連綿と続いてきた「霊魂の不滅」を研究する思想だ。それによると、人間は死んで消滅するのではなく、輪廻転生を繰り返しながら魂を磨く。ブラジルでは、霊媒を介して死者と交流する交霊会を記録・研究したことで心霊主義の創始者と仰がれる、19世紀の哲学者アラン・カルデック(仏人)が広く支持されている▼当地には「良いと思うものは何でもやる」と、いくつもの宗教団体に顔を出す人が少なくない。多人種・多文化を地で生きる彼らにとって、信仰すらも唯一絶対のものではないかのようだ。幸せになることが人間の究極の目的なら、宗派の違いから争って、どちらが「本物の神」と戦うよりも、当地式に各宗教の〃いいとこ取り〃をして幸福になる方が実は賢明かも▼現状はともあれ、あらゆる異質なものが共存共栄するブラジルには平和的な〃土壌〃がある。特別講演会で谷口総裁が「世界平和をブラジルから―」と呼びかけたのも、少しばかりうなずける。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 年金審査に官民の差2020年2月13日 年金審査に官民の差  パウロ・ゲデス経済相が7日、「公務員は寄生虫で、母体の国を喰っている」ととれる発言を行い、各方面に波紋を投げかけた▼経済省はこの発言後、国民が払う税金が国民のために使われず、公的機関を維持するために使われていることや自動的な給与調整に言及したと釈明。だが、9日付フォーリャ紙に […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]